記事

2016年版『中国安全保障レポート』公開

3月10日(木)、国防部会が開催された。

議題は、防衛研究所(以下、防研)が発表した『中国安全保障レポート』について。

このレポートは防衛省のシンクタンクである防研が中長期的な視点に基づいて中国の安全保障動向について分析したものである。

ちなみに、レポートは以下に示す防研のウェブサイトからダウンロードすることができる。
http://www.nids.go.jp/publication/chinareport/

さて、2016年版のレポートであるが、「拡大する人民解放軍の活動範囲とその戦略」というテーマで分析が加えられている。

周知のとおり、中国は年々国外での活動を活発化させている。

例えば、中国軍は2014年7月、ハワイで開催された環太平洋合同演習に史上初めて参加し、2015年5月には、地中海でロシア海軍と共同訓練を行っている。

その他にも、2015年9月には5隻の中国軍艦艇が、アラスカ沖で米領海内を通過している。

こうした動向からは中国が遠海での作戦能力を強化しており、その成果が着実に現れていることが見て取れる。

海軍のみならず空軍の能力増大も顕著である。

特徴的なのは、輸送機や地上攻撃能力を持った作戦機など、空中戦以外の任務を担う航空機の割合が増えたこと。

1985年には保有機の80%が要撃のみに用いられる航空機だったのに対し、2015年にはその割合が45%に減り、半数以上の航空機は、各種支援機能を有するものになっている。

こうした動向からは、中国空軍が輸送・補給機能はもちろんのこと、多様な任務に対応できる能力を整備しつつあることが見て取れる。

ミサイル戦力の拡充も見逃せない点である。
核戦力の多弾頭化が進み、精密打撃能力の向上も見られる。

人民解放軍は今、組織再編も意欲的に進めている。

特に7区あった軍管区を5つの戦区に統廃合し、陸海空軍及びロケット軍並びに戦略支援部隊を一元的に管理する体制を取ったことは顕著な動きである。

質的向上に邁進する人民解放軍。
その人民解放軍は、活動範囲も確実に広げている。

特に、南シナ海や東シナ海といった、いわゆる第1列島線内においては、軍事的主導権を握るべく貪欲に活動している。

中国の活動が地域の安全保障に与える影響を見極めながら、日本も、広い意味で、国の守りを固めていかねばならない。

自衛官出身の国会議員として、佐藤は引き続き、できる限りのことをしていく。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  9. 9

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。