記事

国連女子差別撤廃委員会 皇室典範改正求める異常な言及について質問

本日の予算委員会質疑その2。

7日に公表された国連女子差別撤廃委員会の最終見解について聞きました。

まず、女子差別撤廃委員会が事前に日本側に提示した最終見解案に、日本の皇位継承権が男系男子だけにあるのは女性への差別だとし皇室典範の改正を求める記述があったとの報道があったが、事実かどうかを質問しました。

岸田外務大臣は答弁で、そうした記述があったことを公式に認めました。そして、抗議をしたところ最終見解には記述されなかった、との答弁でした。

私はこの国連女子差別撤廃委員会の最終見解案の事実に驚愕しました。

日本国の成り立ちや歴史、伝統、精神性についてあまりに無理解であるだけでなく、一国の皇位継承権にまで言及する、こんな事は断じて許せません。

さらに、政府は対処を考えているかと聞きましたが、外務大臣は、これからも日本の皇室制度のあり方等についてしっかりと説明をし理解を得るべく努力を続けていきたい、との答弁でした。

「皇室制度」という発言はどうかと思いますが、今回においては政府は必要な行動をとり、国連女子差別撤廃委員会の異常な行動を阻止したことになります。

あわせて読みたい

「女系天皇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。