記事

「大臣隠しをして復興特別委員会での質疑を行わない自民党に抗議する」安住国対委員長代理

 安住淳国会対策委員代理は9日、定例記者会見を開き、衆院復興特別委員会での政府・与党側の対応や待機児童問題について見解を述べた。

衆院復興特別委員会での与党の対応について

 衆院では本日、各委員会で質疑が行われているが、復興特別委員会は髙木復興大臣の所信を聴取しただけで閉会した。安住代理によると、同委員会の野党筆頭理事である階猛議員が震災発生から5年となる3月11日より前に質疑を行うことを再三にわたって要求したものの、与党側は「質疑は来週以降に」との一点張りで応じなかったためだという。

 安住代理はこうした政府・自民党の姿勢を批判し、「髙木大臣が様々な問題を抱えているので質疑をしたくないということだろうが、被災地の人々から見れば本当に失礼千万な話だ。この5年で何が満たされて何が課題になっているのかを、しっかり審議するのが国会の責任だ。疑惑追及をされるのが嫌だからといって大臣隠しをし、いちばん大事な時期に復興特別委員会での質疑をやらないことに対して強く抗議する」と述べた。

 さらに「仮設住宅に住んでいる人はまだ何万人もいる中、予算の使われ方が今の状況でいいのか。また、被災地では、急激な過疎化、高齢化が進んでいる。国会で質疑すべき問題はたくさんある」と指摘し、被災地をないがしろにする自民党の対応に憤った。

待機児童問題について

 「保育園落ちた日本死ね」と題するブログ記事に端を発した待機児童の問題では、9日、保育園に子どもを預けられなかった母親たちが国会に集まり、山尾志桜里議員に署名を手渡した(別記事参照)。衆院予算委員会で山尾議員がこの件について質問した際には、安倍総理はこのブログが匿名であることを理由に受け止めようとせず、自民党議員は山尾議員に対し猛烈なやじを浴びせかけていた。

 記者団から、こうした自民党の姿勢をどう見るかと問われた安住代理は、「やじった議員はほぼすべて自民党の議員だ。今は口をつぐんでいるが、『こんな質問はけしからん』とも言っていたし、(ブログの記述を)ボードにしてテレビで紹介しようとしたのを許可しなかったのも自民党だ。要するに、自民党はこの問題の深刻さが分かっていないということだ」と述べた上で、「自民党は結局、待機児童や子育ての問題より、公共事業中心の政党だということ。あの猛烈なやじに、政党の本質が表れている」と切り捨てた。

 その上で、今後の民主党の対応方針については「この問題に共鳴する人はたくさんいる。たとえば都心部など人口が急増しているところは特区にして保育園の設置要件を緩和するなど、緊急的にやれることを具体的に提案したい」と述べた。

衆院選での野党の連携について

 衆院選での5野党の連携をめぐって各党幹部の発言が続いていることへの受け止めを問われ、安住代理自身が過去に何度も選挙対策委員長を務めた経験から「枠組み論先行は良くない」と断じた。その理由として「全国の295小選挙区を見てもらえば分かるように、競合しているところより、むしろ候補者を擁立しなければならないところの方が多い。そこで、それぞれの地域で候補者を立てられる力がどの党にあるのかということを考えていくしかない。そうなると、空白区をどう埋めるかを主体的に考えられるのは基本的には民主党だ」と解説し、「今は急いで候補者を擁立し、その上で他党の候補者がいる場合に、どちらがいいのかを話し合えば自然と結果が出る。(連携の枠組みは)大した問題だとは思わない」と述べた。

 さらに、「東京で話しているのは単なる枠組みの話で、現実は全くそうではない。東京から離れれば離れるほど候補者のいない地域のほうが多い。そうした地域で、候補者のあてのない政党同士で『協力すべきだ』『いや違う』などと言うこと自体が、地に足の着いた議論になっていない」と苦言を呈した。

甘利前経済再生担当大臣の国会復帰後の対応について

 甘利前経済再生担当大臣は来週15日には国会に復帰すると伝えられていることから、その後の対応を問われ、「睡眠障害とはいえ、予算委員会を無視したのだから出てきたときには、参考人なり証人喚問に応じてもらわなければいけない。これだけの疑惑が残っているのだから公の場で説明責任を果たすべきだ」と述べ、衆院予算委員会の理事会の開催を要求する考えを明らかにした。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  4. 4

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  5. 5

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  9. 9

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

  10. 10

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。