記事

理解不能の「質的緩和」

久しぶりに日銀がETFをお買い上げ。その額は336億円と、2月までの購入額330億円から6億円増加。

これで今年に入ってから日銀が購入したETFは6,161億円と、「投資信託」の今年に入ってからの買越額2947.56億円の2倍以上になった。

2月末時点での日銀のETF保有額は7兆4826億円強と、自己資本3兆1385億円の約2.4倍。株価が40%強下落したら日銀の自己資本は吹っ飛ぶ計算。

日経平均ベースで言えば、10,000円前後。

これを「質的緩和」と称し、さらにマイナス金利を導入して日銀の損失を増やそうとする日銀総裁の神経は全く理解不能。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。