記事

女性差別に国連委員会が懸念

今日、3月8日は、国際女性デーです。国連女性の日とも呼ばれています。起源は、1904年3月8日に、アメリカのニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした日です。

これを受けて、ドイツのクララ・ツェトキンが、1910年に国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まりました。日本での、女性差別に、国連の委員会が、再三懸念を表明しています。

女性差別撤廃条約を審査する国連の女性差別撤廃委員会(CEDAW)は、7日、日本政府に対する勧告を含む最終見解を公表しました。

日本は、この条約に1985年に批准し、前回2009年の勧告以降の政府の取り組みについて審査されました。

「女性活躍推進法」「パートタイム労働法の改正」などの法的な枠組みの整備については評価しています。一方で、「過去の勧告が十分に実行されていない」と厳しく指摘しています。

改善を求められたのは、「女性は離婚して6ヶ月間は再婚禁止」とする民法の規定について、100日に短縮されたものの、「女性にのみ再婚禁止期間がもうけられている」として、民法を改正して改めるべき、としています。

また、最高裁が合憲とした「夫婦同姓」について、「実際には女性が姓の変更を強いられている」として、民法を改正して、女性差別的な内容を改めること、としています。

また、民間企業や、特に国会など政策決定の場で、女性の登用数に法的な目標値を定めること。女性への差別や性的暴力を助長するポルノ雑誌やゲーム、アニメの普及を規制すること。

従軍慰安婦について、韓国政府との合意後も、賠償金の支払いなど被害者が有する権利を理解すること。女性が低賃金労働に従事することが多い状況や賃金差、妊娠出産に関わるハラスメントをなくし、男性の子育て参加を進めること。女性の貧困解消に取り組むこと。などを勧告しています。

この日本に対する最終勧告では、「以前の勧告」という表現が約10ヶ所もあり、過去の勧告が、日本で実行されていないことに対する委員会の懸念が表れています。

日本は、こうした委員会などの勧告について、法的拘束力を否定する立場をとっています。

しかし、法的拘束力はないとしても、国際条約は、憲法と個別法の間に位置する重要な国際約束なので、それを守らない、勧告されても是正しない、ということは、国際社会から、尊敬される国には、なり得ないということだと考えます。

再三の勧告をきっかけに、安部政権が、ほんとうに女性の活躍を推進したいと考えているなら、差別的なことを是正するべきだと思います。

あわせて読みたい

「男女共同参画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。