記事

米司法省、アイフォーンのロック解除でNY連邦地裁に再請求

[ワシントン 7日 ロイター] - 米司法省は7日、アップル<AAPL.O>の「iPhone(アイフォーン)」のロック解除請求をニューヨーク州の連邦地裁が棄却した薬物関連事件をめぐり、同地裁の上級判事にあらためて解除を求める請求を行った。

ニューヨーク州東部地区連邦地裁のジェームズ・オレンスタイン治安判事は2月29日、1789年の「All Writs Act(全令状法)」を用いてアップルにロック解除を強制することはできないと判断。これを受け、司法省は新たな司法判断を求める考えを示していた。

司法省は提出資料の中で、銃乱射事件容疑者所有のアイフォーンロック解除をめぐって争われているカリフォルニア州での訴訟では、同法を根拠にアップルにロック解除が命じられたと主張。同省の代理人は「カリフォルニア中部地区裁判所では2月16日、サンバーナディーノにおける大量殺人事件に関与した容疑者の1人のアイフォーンへのアクセスで、政府はアップルに司法機関への支援を命じる全令状法に基づく判断を獲得した」と訴えた。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はこれまで、カリフォルニアでの訴訟について、最高裁まで争う意思を明らかにしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    今年も渋ハロ 目だった鬼滅コス

    文春オンライン

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。