記事

金正恩氏、「斬首作戦」にビビりながら朴槿恵氏を罵倒

画像を見る

やはりというべきか、金正恩第一書記は米韓の「斬首作戦」にビビっているようだ。

国連安全保障理事会が、対北制裁決議案を全会一致で採択した翌4日、北朝鮮メディアは、金正恩氏が「新型大口径放射砲」の試験発射を現地指導したことを報道。そのなかで正恩氏は「核弾頭」という言葉を発した。多くのメディアは、このコメントを中心に取り上げたが、これは今にはじまったことではない。

それより注目すべきは、金正恩氏自らが「斬首作戦」と「体制崩壊」と具体的に述べながら、米韓に反発していることだ。

(参考記事:金正恩氏「実戦配備した核弾頭を常に準備せよ」

金正恩氏が反発する「斬首作戦」とは、核兵器などの大量破壊兵器使用の動きがあらわれたら、その権限を握る者をあらかじめ除去して被害を未然に防ぐという米軍の作戦だ。米韓が朝鮮半島で斬首作戦を進めるとするなら、対象者は、北朝鮮の頂点に君臨する金正恩氏以外の何者でもない。

(参考記事:韓国で生じかねない金正恩「斬首作戦」の誘惑

確かに、北朝鮮はこれまでも「斬首作戦」や「体制崩壊」に猛反発してきたが、金正恩氏自らが反発するのは今回がはじめてであり、彼自身の「メンタル」、すなわち焦燥感や不安の現れと見るべきだ。

(参考記事:北朝鮮「先制攻撃」声明に見る金正恩氏の「メンタル」問題

しかし、金正恩氏の焦燥感の現れは、これだけではない。

先述の現地指導のなかでは「朴槿恵の狂気」と、韓国の朴大統領に対して異例の実名批判を展開した。その前日3日には、朝鮮中央通信も朴槿恵氏の出自や生い立ちをあげへつらいながら、巷にあふれる低俗な嫌韓記事さながらの論調で罵倒しつくした。

(参考記事:北朝鮮、朴槿恵大統領を痛烈に罵倒…「朴槿恵の醜悪な本性を解剖」

「斬首作戦」が議論されはじめたのは昨年8月からだが、ここに来て、金正恩氏自らの言葉による過剰な反応ぶり。なにやら、のっぴきならない状況が近づいているのかもしれない。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。