記事

金正恩氏、「斬首作戦」にビビりながら朴槿恵氏を罵倒

画像を見る

やはりというべきか、金正恩第一書記は米韓の「斬首作戦」にビビっているようだ。

国連安全保障理事会が、対北制裁決議案を全会一致で採択した翌4日、北朝鮮メディアは、金正恩氏が「新型大口径放射砲」の試験発射を現地指導したことを報道。そのなかで正恩氏は「核弾頭」という言葉を発した。多くのメディアは、このコメントを中心に取り上げたが、これは今にはじまったことではない。

それより注目すべきは、金正恩氏自らが「斬首作戦」と「体制崩壊」と具体的に述べながら、米韓に反発していることだ。

(参考記事:金正恩氏「実戦配備した核弾頭を常に準備せよ」

金正恩氏が反発する「斬首作戦」とは、核兵器などの大量破壊兵器使用の動きがあらわれたら、その権限を握る者をあらかじめ除去して被害を未然に防ぐという米軍の作戦だ。米韓が朝鮮半島で斬首作戦を進めるとするなら、対象者は、北朝鮮の頂点に君臨する金正恩氏以外の何者でもない。

(参考記事:韓国で生じかねない金正恩「斬首作戦」の誘惑

確かに、北朝鮮はこれまでも「斬首作戦」や「体制崩壊」に猛反発してきたが、金正恩氏自らが反発するのは今回がはじめてであり、彼自身の「メンタル」、すなわち焦燥感や不安の現れと見るべきだ。

(参考記事:北朝鮮「先制攻撃」声明に見る金正恩氏の「メンタル」問題

しかし、金正恩氏の焦燥感の現れは、これだけではない。

先述の現地指導のなかでは「朴槿恵の狂気」と、韓国の朴大統領に対して異例の実名批判を展開した。その前日3日には、朝鮮中央通信も朴槿恵氏の出自や生い立ちをあげへつらいながら、巷にあふれる低俗な嫌韓記事さながらの論調で罵倒しつくした。

(参考記事:北朝鮮、朴槿恵大統領を痛烈に罵倒…「朴槿恵の醜悪な本性を解剖」

「斬首作戦」が議論されはじめたのは昨年8月からだが、ここに来て、金正恩氏自らの言葉による過剰な反応ぶり。なにやら、のっぴきならない状況が近づいているのかもしれない。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  3. 3

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  4. 4

    異例の都ファ欠席 深夜0時議会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  7. 7

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  8. 8

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  9. 9

    私が傷つかない=正義の危うさ

    紫原 明子

  10. 10

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。