記事

減税よりも厚生年金負担を減らせ

 前も書きましたが、消費が増えないのは消費税があったことではなく、インフレと、社会保障費の増大が原因ではないでしょうか。

 厚生年金の強制加入はアベノミクスと景気の足を引っ張るんじゃない?
 http://kiyotani.at.webry.info/201408/article_7.html

 さて、政府は法人税を下げようとしていますが、むしろ下げるべきは法人が負担している社会保障費じゃないでしょうか。そのほうが経済を刺激するではないでしょうか。

 厚生年金は半分が従業員本人、半分が企業持ちです。
 体力のある大企業はこれでもいいでしょう。ところが中小零細、ことに零細企業にとっては、これは大きな負担です

 例えば10名かの零細企業の場合、役員が4名で、従業員が3名とか、あるいはすべてが役員などという会社がアザラにあります。

 中小零細企業の場合、会社に残す会社の利益と、役員の給与は必ずしも明確に分離できません。実際のところ、経営者にしてみれば厚生年金は会社の負担分も自分が負担する、つまりサラリーマンの二倍の金額を払っている感覚です。しかも将来払った分がもらえるかどうかもわからないわいわけです。

 これは中小零細企業の経営者にとってはものすごく大きな負担です。
 ですから厚生年金未加入の企業が多いわけです。現在これらをすべて加入させようとしております。そのため未加入の場合に厳しい罰則も用意されています。ですが、それをまともにやったら潰れる中小零細企業はかなり出てくるでしょう。下手をすると数十万の中小零細企業が、倒産する可能性もあります。
 そうなれば失業問題も深刻化するでしょう。

 また、そのような事態を避けるために、法人を解散して個人経営にするところも出てくるでしょう。そうならば、金融機関からお金を借りにくくなります。

 しかも高齢で年金をもらっている経営者や役員の場合、ある程度役員報酬があると、年金が減らされたり、出なかったりします。年金が全部税金から出て入れば仕方ないですが、基本的には自分でカネを払ったものが召し上げられるのは常識的に考えておかしくないでしょうか?

 また厚生年金に加入すると実は社員の負担も増えます。そのままのサラリーであれば国民年金から厚生年金に入ると、負担が増えて手取りが減ります。今まで同じ手取りを維持するならば、会社は給料を値上げする必要があり、これは実質的に会社の負担を増やすことになります。

 いずれにしても中小零細企業の役員および社員の消費マインドは冷えるでしょう。

 そもそも大企業と中小零細企業を同じ年金システムにすることに無理があります。

 そして大企業は多少減税しても、内部留保で貯めこむだけです。会社の外にお金が回るわけでも社員の給料が増えるわけでもありません。
 そして多くの大企業、特に国際化した企業、例えばユニクロやソフトバンク、銀行などはそもそも租税回避を様々ま手練手管を使って行っているので、本来払うべき税金を払っておりません。

 であれば、例えば中小零細企業は規模に応じて、企業の負担を変えてはどうでしょうか。
 たとば、売上が10億円以下ならば企業負担分の25パーセントを、1億円以下ならば50パーセントを免じて、それを税金で補填する。
 このような形で特に中小企業の社会保障費の負担を減らすほうが、消費を刺激するし、また中小零細企業の厚生年金の加入をスムーズに促進できるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  4. 4

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  5. 5

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    Nスぺ地震特集に「完成度低い」

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。