記事

ムバラク一家のエジプト内の資金

これまでムバラク一家は海外に巨額の資産を保有していると報じられてきましたが、当然予測されたことではありますが、国内にも巨額の資金を有しているようです。

これは28日付のal ahram netの記事が報じるところで、それによると前議員mustafa al bakry(如何なる経歴の人かは不明)が、ムバラク一家が国内に多額の秘密口座を有していると、最高検察に告発してこれらの資産を保存するための法的措置を講じるように求めたとのことです。

その要点のみ次にご紹介しますが、記事は多くの口座番号を含むかなり詳細なものですので、関心のある方は(アラビア語ですが)

http://www.ahram.org.eg/457/2011/02/28/25/64884.aspx

をご覧ください。

それにしてもどこからこんな詳しい資料を入手したのでしょうか?勿論話が正しいとしてのことですが。

「前大統領夫人と二人の息子アラーとガマルの有している秘密口座は次のとおりである(注:確かムバラク大統領の没落の前夜あたりに、長男のアラーがガマルに対して、おまえが親父を腐敗・堕落させたと非難した話が流れていましたが、その本人もまた巨額の秘密口座を有しているとは皮肉なことです)。

アラーはナショナル銀行のヘリオポリス支店に1億エジプトポンド以上の資金を有している。その大部分が仲介料や投資家からの恐喝の上りである。

またガマルもナショナル銀行のヘリオポリス支店に幾つかの口座で約1億エジプト貨、ドルで5000万ドルの口座も有している。

スーザン夫人も同じようにナショナル銀行のヘリオポリス支店に多額の口座資金を有している他、アレキサンドリア支店にも口座を有している。」

彼はエジプト貨、ドル、ユーロでナショナル銀行に10の口座を有している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。