記事

ヒズボッラーの軍事力強化

イスラエルのy  net news は、ヒズボッラーの軍事力は格段に強化されており、イスラエルとの戦闘が生じれば、イスラエル本土にも大きな被害を与えるであろうとの記事を掲載しています。

記事の要旨は下記の通りですが、同じy net news の別の記事は、クウェイト紙の報道によれば、イランがロシアから購入したミサイルを第3者に引き渡さないとの約束に反してヒズボッラーに供与したために、プーチン大統領が新型地対空ミサイルS300の引き渡しを凍結したと報じています。

それによると、イランはロシア製のSA22地対空ミサイルを何度かヒズボッラーに引き渡していて、シリア及びレバノン上空を飛行したロシア機の操縦士は、ヒズボッラーの支配するレバノンーシリア国境地帯で、何度も近代的対空ミサイルシステムを見た由。

この記事も、おそらくは上記のヒズボッラーの軍事力強化を裏付けるニュースなのでしょうね。

ヒズボッラに近い筋がforeign policy 誌に語ったところによると、ヒズボッラーは新軍事組織のレベル、イスラエルの都市を占拠し保持する能力、イスラエル空軍、海軍を正確に狙える誘導兵器を獲得した。

現在のレばのの政治状況に鑑み、今すぐヒズボッラーがイスラエルを攻撃することはないと思われっるも、レバノン北部からイスラエル、シリアにかけての不安定な状況に鑑み、その軍事力は重大な脅威となっている由。

それによると、次の戦争では、戦火はイスラエル本土に及び、2006年の戦争とは全く異なったものとなるだろう由。

ヒズボッラーはシリア内戦で、1000名の戦士を失ったが同時に大きな戦術的経験を獲得し、今やその能力は防御的だけではなく攻撃的なものになった由。

ヒズボッラーは今や、効果的な指揮命令能力、長距離の連絡能力、ドローンをつかたっ偵察能力、長距離のロジ能力を獲得した由。

更にヒズボッラーは、今やスカッドミサイル、イラン製のfateh -110ミサイル、それをシリアが改良したM-600ミサイルを保有している由。

ヒズボッラは、今やイスラエル内の作戦本部、空港、経済施設を正確に攻撃できる精密誘導弾も保有している由。また、近代的な対空ミサイル網、石油リグ、艦艇を攻撃できる地対艦クルーズミサイルも保持している由。

このような軍事能力は、最近ナスラッラー書記長が、ハイファの化学プラントの攻撃も可能と豪語したことにも表れている由。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4774679,00.html
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4774325,00.html

あわせて読みたい

「ヒズボラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  3. 3

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  4. 4

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  5. 5

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  6. 6

    機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた

    NEWSポストセブン

    07月24日 08:45

  7. 7

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  8. 8

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  9. 9

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  10. 10

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。