記事

普天間の辺野古移設について国と沖縄県が和解。最終決着は司法で。これぞ法の支配 - 3月5日のツイート

普天間の辺野古移設について国と沖縄県が和解。最終決着は司法で。これぞ法の支配。では安保法制が違憲かどうかは誰が判断する?反対派は違憲の大合唱。メディアや学者、元最高裁判事、元内閣法制局長官が判断するのではない。最後は総理が判断するというのが憲法の建前。

違憲かどうかは最後は司法が判断するというのが現在の憲法の考え方。しかしその司法は高度な政治判断は内閣の判断を尊重するという考え。すなわち司法では判断できないことは内閣が最終判断することが憲法に基づいた立憲主義。だからこそ憲法裁判所が必要。

統治行為論で最高裁が判断を逃げた場合には、内閣、国会が最終判断権者になります。メディアや学者、元最高裁長官、元法制局長官が決めない。内閣が決める。それが立憲主義です。RT @Sato_Junichiro6: 最後は内閣なのですか、司法だと思いますが

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

あわせて読みたい

「日本国憲法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  8. 8

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。