記事

世界史のなかの戦国時代〜石見銀山が世界経済を動かす - 岡本隆司(京都府立大学准教授)

時は大航海時代、日中欧が入り乱れる中国の巨大市場。
それを支えたのは、世界の三分の一を占める日本の銀だった。



文藝春秋SPECIAL
 日本の戦国時代というと、どんなイメージを抱くだろうか。教科書的な説明なら、一五世紀の末、北条早雲の崛起からはじまり、一七世紀の初め、徳川家康の統一におわる国盗り、群雄割拠の天下争覇というところ。その間およそ百年あまり、戦乱やまぬ不幸な時代という印象をもつかもしれない。

 確かに一理ある。戦乱があいついで起こったのは事実だし、往々にして悲惨な運命を人々に強いたというのも、決して誤りではあるまい。しかし、それだけではなかった。

 戦乱があいついだのは、既成の秩序が乱れた、あるいは、よるべき秩序が失われたからである。それなら江戸時代に至って、天下泰平になったのは、そうした秩序が再構成された、ということになる。つまり戦国時代は、古い秩序から新しい秩序への過渡期、変動の時代にほかならない。

 それなら変動とは、いったい何か。一言でいえば「下剋上」である。誰でも知っているおなじみの歴史用語だけに誤解も少なくない。部下が上司を蹴落としてのし上がった、というくらいに解していないだろうか。

 そんな生ぬるいものではない、と断言したのが、わが東洋史学の鼻祖・内藤湖南である。かれによれば、「下剋上」とは「最下級の者があらゆる古来の秩序を破壊する」現象であった。

 しかし視点をかえれば、それは「平民実力の興起」でもあった。それまで支配搾取してきた上層階級を「最下級」の「平民」が打倒・撃滅したのであり、われわれの直接の祖先である平民が、「もっとも謳歌すべき時代」であった。

 こうした「下剋上」という動向に対応して勃興したのが戦国大名である。名だたる戦国大名の素性を思い浮かべてみよう。その大名・国主じしんは、確かに毛並みはよかったのかもしれない。清和源氏の血統を誇る武田信玄や今川義元はいわずもがな、当初の境遇こそ零落していたが、北条早雲・毛利元就もそうだろう。

 しかしかれらを支えた人々は、どうだったか。その多くは「平民」であって、名門などいなかった。どんな国主でも、かれらの意向を汲んで一体とならなくては、権力体の組織運営はかなわなかった。

 しかも新陳代謝は、どんどん加速してゆく。残る数少ない名家も、次々に没落していった。織田信長・豊臣秀吉の軍団・政権がきわめつけである。高貴な今川・武田・北条も、無名だったかれらに滅ぼされた。織豊政権をひきついだ江戸幕府の大名のほとんどは、どこの馬の骨ともわからない「平民」である。その点では、支配下の人々と変わらなかった。

 この現象、ふたたび内藤湖南にいわせれば、「日本全体の身代の入れ替り」である。筆者なりにいいかえれば、上層と下層に分かれてきた社会の一元化、一体化にほかならない。

 一つになったことで、それまでの上下関係のけじめ、社会分業のバランスが失われた。だからこそ、あらためて刀狩りや身分制による秩序構築と士農工商の生業分担が必要だったのである。

東シナ海の交易ブーム

 そんな社会一体化の時代は、列島大開発の時代でもあった。それは耕地面積も人口規模も倍増した量的拡大であると同時に、そんな拡大をもたらした質的な転換でもある。

 耕地の拡張は、従前未踏の沖積平野を水田化することで可能となった。水稲は面積あたり最も大きな人口を養えるので、必然的に人口の増加をもたらす。つまり日本人の増殖は、高地から低湿地に下りてきた、というライフスタイルと農業生産の変化によっており、さらにそれは、土木技術の進歩で可能になった。各地に水田を造成すると同時に、築城をも促進して城下町を作り出し、現代日本の農村・都市のベースを創出したのである。農村がうみだす物産が増大すれば、都市を拠点とする市場と流通が欠かせなくなる。そこには、取引のなかだちとなるマネーが必要となり、貴金属の需要が高まらざるをえない。交易が拡大するにつれ、金銀の増産が不可避になってきたゆえんである。

 もっとも農業生産・商業流通の経済では、東シナ海を隔てた中国が、圧倒的な先進国であった。日本の戦国と同じ時代、一五世紀から一六世紀の中国も、やはり大開発の時代だったといってよい。手工業が発達すると同時に、未開地の開墾もすすんで、産業構造・流通市場が一変している。商業が急速に発達するとともに、貨幣として銀を多用するようになった。しかし文明の古い中国では、すでに金銀をとりつくしている。たとえ埋蔵はあっても、当時の技術では採掘不可能であった。外から金銀を調達してくる必要が生じていたのである。

 時あたかも世界は大航海時代、「発見」された新大陸では、ポトシ銀山など、新たな銀鉱の採掘があいつぎ、おびただしい銀が世界をかけめぐった。

 その原動力のひとつが、中国のあくなき銀需要である。さながらブラックホールのように銀を吸い込み、そのために貿易がさかんになっていった。新大陸産の銀を携えた西洋人も、生糸や木綿・茶などの中国特産品を目当てに、大洋の波濤を越えて中国沿海に群がった。いわゆる「南蛮渡来」とは、それが近隣の日本にまで及んだものである。スペイン・ポルトガル、そしてオランダ・イギリスはまずインド、ついで東南アジア・中国をめざしたのであって、必ずしも日本列島が直接の目的地ではなかった。

 日本人もそんな中国貿易に参入する。幸い未開の日本列島には、潤沢な金銀の埋蔵があった。そこで、日中の貿易が急増する。日本人は自ら掘り出した金銀とひきかえに、生糸をはじめ、中国の特産品・奢侈品を手にした。そればかりではない。中国から高度な技術をもとりいれて、どんどん生活水準を上げるとともに、いっそうの開発を進めていったのである。

 ところが中国の明朝は、極端な内向きの政権である。貿易にも厳しい統制策を採っていたから、西洋人も日本人も、そして当の中国人も、思うように取引ができず、しばしば紛争がおこった。官憲の取締・弾圧を受けると、貿易業者たちは種族・ことばのちがいを超えて、団結武装して抵抗した。この武装貿易集団、あるいはかれらをめぐっておこった紛争・騒擾を「倭寇」とよぶ。

 これは中央政権の武力・統制が衰退したため、生じた現象である。権力による統制・秩序が失われて、民間の経済が勃興、発展したという点で、明朝と室町幕府は相似た趨勢にあり、日中は好一対をなしていた。

 日本列島が戦国の群雄割拠、弱肉強食のただ中だとすれば、東シナ海をはさんだ中国沿海は、「倭寇」という騒擾が常態である。当時の環東シナ海は、いわば開発と交易のブームにわきたつ無秩序世界だった。

石見銀山の世界史的意味

 列島の戦国大名の割拠・争覇は一六世紀も後半に入ると、織田信長があらわれ、終局を迎えた。しかしそれはひとまず、近畿を中心とした動向である。すべての戦国大名がそうだったわけではない。

 同じ時期、西国の戦国大名たちは、信長の「天下統一」がすすむ情勢ともちろん無縁ではなかった。けれども東シナ海に臨むかれらは、それ以上に東アジア、そして世界とつながっていたといえる。

 西国の雄は何といっても、中国地方の覇者・毛利氏である。そもそもこの地域では、守護大名の大内氏が歴代、日明貿易を手がけていた。毛利氏は防長を支配して大内氏の衣鉢を継ぎ、しかも山陰の尼子氏を滅ぼして、列島屈指の富饒を誇った。富の源泉のひとつが石見銀山である。

 石見銀山が世界遺産になった意味は、そこで当時世界最新の技術・灰吹法で銀が飛躍的に増産したこと、そしてその産出銀が東アジア、世界の経済を動かしたことにある。当時、日本の銀産出量は世界全体の三分の一、そのうち石見銀山が二〇パーセントを占めたというから、その大きさがわかるだろう。毛利氏はその銀を携えて、貿易に乗り出した。

 毛利・石見といったビッグ・ネームばかりではない。九州の肥後・宮原でも、銀が多く産した。その地を領したのは相良氏。かれらは遣明船を出し、銀を中国に輸出して貿易にいそしんだ。石高わずか二万石の小大名ながら、武力によらない経済政策で、幕末まで生きのびていったのである。

 西国できわだつのはキリシタン大名の存在である。「南蛮渡来」とともに入ってきたキリスト教の信仰も、かれらの統治・処世の一環だった。

 戦国大名で最初に受洗したのは、肥前の大村純忠である。かれの改宗はその個人的・内面的な動機はともかく、結果からみれば、貿易・領地支配と密接に結びついたものだった。

 そもそもポルトガル・イエズス会は、布教と貿易を不可分とする方針だった。かれらは一五六二年、純忠の領地・横瀬浦で貿易をはじめ、大いに繁栄させたため、純忠じしんも洗礼を受け、領民にも信仰を奨励したのである。大村領内でキリシタンが六万人を超え、全国の信者の約半数を占めた時期もあった。

 ポルトガルの貿易はやがて、純忠が提供した新しい港の長崎でおこなわれるようになる。そこには、マカオから定期船がやってきた。マカオは中国の沿海に群がった多国籍の武装商業集団が足溜まりにした数あるコロニーのひとつ、いわば「倭寇」の産物である。このマカオ・長崎ルートが当時の通商の幹線だった。寒村だった長崎が、これを通じて世界有数の良港として、大きな発展をとげる。

 その貿易の内実は、主として中国生糸と日本銀との取引である。それがさらに、グローバルな通商につながっていた。世界貿易を動かしたポルトガル人にせよ、後のオランダ人にせよ、東アジアでは日中の貿易関係に便乗し、取引を中継しただけの存在にすぎない。

倭寇・南蛮・キリシタン

 江戸時代以降もつづく長崎貿易の発祥は、このように、東アジア経済の動脈だった「倭寇」という名の日中貿易、およびそれが引き寄せた「南蛮渡来」がもたらしたものである。それを利用して、大村純忠はじめ、九州・西国の諸大名は、富裕な勢力を誇りえた。純忠の甥にあたる有馬晴信、豊後の大友宗麟、さらには畿内の高山右近など、西国大名にキリシタンが多かったのも、むべなるかなである。

 みなそのまなざしは、日本の内地よりは東シナ海のかなたに向いていた。キリシタン・ポルトガルがそこでも、水先案内となる。かれらは一再ならず、マカオ・東南アジア・インドに親書を送ったり、使節をも派遣したりして、貿易の誘致をもちかけた。それがさらに昂じ、一五八二年にはヨーロッパにまで、天正遣欧少年使節を送っている。

 西国の諸大名が自立しえた背景には、このような海外とのつながりがあった。逆にいえば、群雄割拠を終わらせる「天下統一」の事業、日本の一体化にとって、それはむしろ妨げとなる。したがって豊臣秀吉が九州一円を平定する過程で、キリシタンを禁じたのは、偶然でもなければ、信仰の問題でもない。西国大名の自立を否定して、自らに従属させるには、かれらと外国とのつながりを絶つ必要があったからである。

 またそれによって、西国大名が海外とつながることで得ていた利権も、手中にできる。それは日本全国を支配する中央政府として、重要かつ不可欠なことでもあっただろう。統一政権からすれば、九州・長崎は西国大名の独占物ではなく、日本全体の海外に対する窓口であり、根拠地となるべきところだった。

 たとえば一五八〇年、大村純忠は長崎一帯をイエズス会に寄進し、長崎は教会領として黒船・天主堂の集まる地となっている。さながら異国にひとしい。統一政権をめざす秀吉の立場からすれば、もってのほかだった。バテレン追放令が出たのが一五八七年の七月、大村純忠・大友宗麟はその前の月に、あいついで逝去している。秀吉が翌年の五月に、長崎を接収し、直轄地にしたのは、予定の行動だっただろう。

 キリシタンの禁止は以後、豊臣から徳川に政権がうつっても、中央政府の方針としては一貫していた。「天下統一」・日本の一体化とひとしかったからである。江戸のいわゆる「鎖国」にいたって、「宗門改」という名の戸籍登録がおこなわれ、非キリシタンこそが、列島で生きる日本人の証となった。「下剋上」で上下一体になった日本人は、こうして空間的にも一つにまとまったのである。

「鎖国」と金銀の涸渇

 キリシタン布教は不要でも、海外貿易をたちどころに棄て去る、というわけにはいかない。国内・海外の社会経済が欲するところなので、その需給が一朝にして消え失せるはずはないからである。

 しかしそこでも、変化は生じていた。日本国内の治安が確立され、秩序が固まってくるにしたがって、旧来の「倭寇」的な情況は、鳴りをひそめてゆく。またキリシタンの禁令で、ポルトガルが一手に仲介中継するような方法もなくなった。

 そこで徳川政権の初期には、従来の海賊的な「倭寇」に代わり、政権の許認可をへた朱印船の貿易が、あるいは布教と貿易を切り離した「紅毛」のオランダ・イギリスが、にわかに存在感を増してきたのである。

 朱印船やオランダ貿易といえば、どうしても山田長政ら、日本人も少なからず進出した東南アジアが注目されがちだが、貿易の内容はやはり、中国の生糸と日本の金銀の取引であった。その日中間の貿易に西洋人も参入するという構図は、一七世紀に入っても以前のままである。

 その管理統制の強化が、「鎖国」の経済的な本質だった。同じ時期、中国が明清交代の大乱を迎えて、日中の政治的な通交は、もはや存在しなくなった。以後二百年以上、中国から商人が長崎にやってきて、日本との貿易を営むのみで、日本の商人が中国で取引することは禁じられる。

 こうして、日中関係も疎遠化の一途をたどり、政治的・社会的なキリシタン禁制の徹底とあいまって、「鎖国」という日本の国際的な位置を決定づけた。

 しかし「鎖国」とはいいながら、内外の動向を大きく俯瞰するなら、一七世紀はなお、日中の貿易は旺盛に続いていたし、国内の大開発も依然すすんでいる。戦国以来の情況は、継続していたといってもよい。

 それがいっそう新しい段階に入るのは、金銀が涸渇し、開発の限界に達した元禄時代・一八世紀である。内外の急転に直面して、日本社会は新たな選択を迫られるのであった。

「日本国」の誕生

 北条早雲が伊豆韮山に拠ったのが一四九一年。コロンブスが新大陸を「発見」したのが一四九二年。連年の出来事ながら、もちろん何の関係もない。しかし、かたや「下剋上」から日本の一体化を導く戦国の幕開け、かたやヨーロッパが世界の一体化を導く大航海時代の幕開けであって、グローバルな歴史としては、おそらく偶然の一致でも、無関係のことでもなかった。両者はたがいに根柢ではつながっていた世界史の二局面である。

 果たしてその半世紀後、「南蛮渡来」という形で、戦国日本とヨーロッパが邂逅した。両者を引き寄せ、結びつけたのは、中国の物産・経済という磁力である。かくて日本人・中国人・西洋人が入り乱れ、「倭寇」が跳梁し、キリシタンが増殖する、環東シナ海世界が現出した。戦国の争覇と日本の変貌は、そのなかですすんでいったのである。

「南蛮渡来」からさらに半世紀、日本の戦国は終わりを告げた。もはや社会的にも空間的にも一体化した日本には、日中欧が結びつく「倭寇」もキリシタンも、不要となっていた。

 戦国とは、環東シナ海・日中欧というるつぼから、日本人・日本国というまとまりが析出した時代であった。それを世界史のなかで理解しなくては、当時の、あるいは現代の日本の姿は見えてこないであろう。

おかもと たかし 1965年京都市生まれ。京都大学大学院博士課程満期退学。宮崎大学助教授を経て現職。著書に『日中関係史』(PHP新書)、『近代中国史』(ちくま新書)など。

決戦 真田丸!大戦国史
武田+上杉+秀吉の智謀を引き継いだ男 幸村の天才軍略遺伝子(磯田道史)
カリスマ考証家が語り尽くす 大河ドラマ「真田丸」の世界(二木謙一)
時代の流れが逆転した 激闘 関ヶ原 戦国の一番長い日(本郷和人)

信長の世界戦略、黄金のトヨトミノミクス、列島を改造した家康
信長、秀吉、家康 天下を作る力 大座談会 (出口治明、竹村公太郎、鬼頭宏、村井章介、伊東潤)

戦国大名 究極のサバイバル戦略
武田信玄 風林火山「人は石垣」の人事術(加藤廣)
今川義元 桶狭間に散った「東海王国」の野望(小和田哲男)
上杉謙信 神になった名将 関白と交わした血書(谷口研語)
毛利元就 「三本の矢」を支えた東アジア貿易(池享)
北条氏康 「東国の雄」の百年経営術(黒田基樹)
大友宗麟 九州キリシタン王国の挫折(福川一徳)
伊達政宗 独眼竜が放ったローマ教皇への密使(大泉光一)
島津義弘 家康を恐怖させた大突破の男(山本博文)
黒田官兵衛 「独立戦争」を仕掛けた智将(葉室麟)

最強武将は誰だ!? 信玄・謙信から立花宗茂、島左近まで

大アンケート この36人が選んだ!
松本幸四郎、津本陽、楠木建、鈴木敏夫、宮家邦彦、仲代達矢、坂東眞理子、蒲島郁夫、中西輝政、成毛眞、小池百合子、さいとう・たかを、齋藤孝、嘉田由紀子、福田和也、井上章一、榊原英資、佐藤賢一、篠田正浩、寺島実郎、佐々淳行、堺屋太一、中村彰彦、山崎正和、西木正明、津川雅彦、川勝平太、茂木健一郎、佐竹敬久、関川夏央、渡辺喜美、伊東四朗、田原総一朗、ジェームス三木、内田裕也、新浪剛史

白熱対談 この武将がすごい!(和田竜×野口哲哉)

知られざる名将 怪人・異能集団列伝

世界史のなかの戦国時代
銀 石見銀山が世界経済を動かす(岡本隆司)
キリスト教 天下人は何を恐れたか(高橋裕史)
鉄砲 アジア交易網が起こした軍事革命(鹿毛敏夫)
異常気象 小氷河期が戦乱を生んだ(田家康)

メガヒット 『信長の野望』創造と破壊(シブサワ・コウ)
カタヤマ教授 入試問題で解く戦国時代(片山杜秀)
山内昌之×佐藤優 大日本史① 黒船来航とリンカーン




文藝春秋 (2016-02-26)
売り上げランキング: 17,180

あわせて読みたい

「日本史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  4. 4

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  5. 5

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  8. 8

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

  9. 9

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。