記事

豪グレートバリアリーフの一部が破壊の危機、海水温上昇で

[シドニー 2日 ロイター] - 過去20年で最強レベルとなっているエルニーニョ現象が今月中に緩和されなければ、オーストラリアのサンゴ礁「グレートバリアリーフ」の一部が永久に破壊される可能性がある、と科学者らが警告した。

世界遺産に登録されているグレートバリアリーフは、オーストラリア北東部に約2000キロにわたって広がるサンゴ礁で、世界最大の生態系。

サンゴが生きられる海水温の範囲は狭く、エルニーニョ現象による海水温上昇はサンゴの白化の原因となっている。現在グレートバリアリーフでは、ここ15年で最悪の白化現象が発生している。

グレートバリアリーフ海洋公園当局の責任者は「白化現象はサンゴがストレスにさらされていることを示す明らかなシグナルだ。ひどい状況が長期間続けば、サンゴが死ぬ可能性がある」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。