記事

超党派で介護職の処遇改善へ!!法案を提出

2016年3月2日、超党派で「介護・障害福祉従事者の処遇改善法案」を提出し記者会見を行いました。

◯介護・障害福祉従事者の処遇問題

2015年4月の介護報酬引き下げで、介護事業者の倒産が増え、人材確保にも悪影響が出ています。
ヘルパーなど介護職の月収は他業種より約10万円低く深刻な問題です。

例えば、他産業の平均月収が33万3,000円なのに対し、ホームヘルパーは22万5,000円、福祉施設介護員は22万3,000円となっております。

◯法案で改善を目指す

この問題を少しでも改善するため、まずは月額1万~6千円の増額を目指します。
予算規模は1,777億円。
これこそが離職を防ぎ、実質賃金を上げていく価値ある政策ではないでしょうか!

保育分野についても同様の法案提出を目指します。



あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。