記事

超党派で介護職の処遇改善へ!!法案を提出

2016年3月2日、超党派で「介護・障害福祉従事者の処遇改善法案」を提出し記者会見を行いました。

◯介護・障害福祉従事者の処遇問題

2015年4月の介護報酬引き下げで、介護事業者の倒産が増え、人材確保にも悪影響が出ています。
ヘルパーなど介護職の月収は他業種より約10万円低く深刻な問題です。

例えば、他産業の平均月収が33万3,000円なのに対し、ホームヘルパーは22万5,000円、福祉施設介護員は22万3,000円となっております。

◯法案で改善を目指す

この問題を少しでも改善するため、まずは月額1万~6千円の増額を目指します。
予算規模は1,777億円。
これこそが離職を防ぎ、実質賃金を上げていく価値ある政策ではないでしょうか!

保育分野についても同様の法案提出を目指します。



あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。