記事

京都大学iPS細胞研究所へ。



有田美智世さい帯血国際患者支援の会理事長と中野ひろまさ造血幹細胞移植推進PT事務局長とも京都大学iPS細胞研究所へ。

昨年7月、厚労副大臣時代に山中先生から再生医療用iPS細胞ストックへのさい帯血の利用について直接ご要望を頂きました。
このご要望を受け、担当部局と協議し、昨年末、さい帯血を用いた研究成果を企業や研究機関に提供、譲渡又は販売等することができるよう、公明党が主導して成立させた造血幹細胞移植推進法に基づく指針の改正を行わせて頂きました。
この改正により、さい帯血由来のiPS細胞を安全性等をしっかり確認した後、企業や研究機関などに提供されるようになるとのことです。

さい帯血を提供して下さった方々の善意を、一日も早く難病等で苦しんでいる患者さんに届けたいとの思いで、これからも再生医療の推進に全力で取り組んで参ります。

あわせて読みたい

「iPS細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。