記事

GPS捜査高裁判決

お巡りさんがGPS発信器を勝手につけて捜査に使った事件で、大阪高裁が「重大な違法とは言えない」としたようである。

記事

なぜ、毎日新聞を選んだか?
それは、「重大な違法とは言えない」と違法であるとしているのに、

「令状なし」適法

と不勉強なことをしているからである。

この事件は、警察側は裁判所の令状をとらずに、関係者の乗用車、バイク計19台にGPS端末を取り付けて、バッテリー交換のため私有地に立ち入り、端末の取り付け、取り外し作業もしていたという事件と報道されているが、

裁判所は、「捜査の経過などからやむを得ないところがあったといえる」とし、「警察官らに令状主義に反する意図があったとまでは認めがたい」としているようである。

違法収集証拠排除については、お巡りさんが職務質問中に人のポケットに手を突っ込んだ事案がリーディングケースである。

最高裁昭和53年9月7日は

証拠物の押収等の手続に憲法三五条及びこれを受けた刑訴法二一八条一項等の所期する令状主義の精神を没却するような重大な違法が あり、これを証拠として許 容することが将来における違法な捜査の抑制の見地からして相当でないと認められる場合においては、その証拠能力は否定されるべきである。

としたのであるが、この令状主義の精神とは、令状主義が設けられた趣旨であり、誰かの意図を意味しない。

将来の捜査抑制の見地とは、捜査側全体の問題であり、個々のお巡りさんの意図の問題ではない。

報道が正しければ、高裁は、令状主義の精神を没却する「意図」かという勝手な要件を付け加えたことになる。

令状主義の精神を没却しようとして捜査することは、京都府警の一部のお方でも無い限りあり得ないことである。

報道のとおりだとすると、違法捜査に優しい刑事裁判所の批判は免れない。

だから、中世って言われるのである。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  3. 3

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  4. 4

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  5. 5

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

  6. 6

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  7. 7

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    日露会談 安倍首相は譲歩しすぎ

    大串博志

  9. 9

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  10. 10

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。