記事

北朝鮮軍に大量志願、金正恩氏の「肉弾戦士」になると言うけれど

朝鮮人民軍の兵士たち

北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、朝鮮人民軍最高司令部が韓国大統領府と米本土を攻撃対象として明示した「重大声明」を発表(23日)した後、2日間で150万人に達する党活動家や青年学生らが軍への入隊を志願したと報道。これに対し、金正恩第1書記は「大きな誇りを覚え、改めて限りない力と勇気を得ました」とする感謝文を送ったという。

(参考記事:金正恩氏、軍入隊志願者たちへ感謝状…「火の雨で敵の牙城を完全に掃討」

同通信によれば、軍に志願した若者らは米韓との「最終決戦」で、金正恩氏を「決死擁護」する「肉弾戦士になることを決意した」というが、すべてが体制からの押し付けであることは言うまでもない。

入隊志願者の中には、卒業を間近に控えた高校生らも含まれているが、北朝鮮の高校生も今や「草の根資本主義」の中で育った現代っ子である。今ごろ、「やってらんねえ」と言って金正恩氏を無慈悲にこき下ろしているに違いないのだ。

(参考記事:北朝鮮が女子高生を「見せしめ」公開裁判にかけた理由

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

いずれにしても、彼らは高校卒業後に10~13年にも及ぶ兵役に行かなければならないのだが、志願を強制されて困惑しているのはむしろ成人男性たちだろう。北朝鮮で、最も困窮しているのは実は軍隊なのだ。

庶民経済が市場経済化した北朝鮮では、誰もが安月給の国営企業などの職場そっちのけで副業に励み、稼いだおカネで食べ物を買って生活している。配給などまったく当てにならない。

しかし、厳しい規律で縛られる軍隊で、まさか持ち場を放り出して商売に走るわけにはいかない。下手をすれば銃殺である。そんな切羽詰まった環境の中、軍の内部では兵士同士の殺人事件も発生。軍紀は乱れきっているのだ。

(参考記事:北朝鮮、軍内部で「殺し合い」…ミサイル発射の影で

そもそも、正恩氏は軍人らの最大の畏敬の対象となるべき戦闘指揮官を相次いで葬っており、それにはさすがに大きな不満がたまっていると言われる。

ハッキリ言ってしまうなら、朝鮮人民軍は正恩氏のせいで、確実に弱くなっているのだ。その現状は、150万人の若者に志願を強制したところで、変わるものではないのだ。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  3. 3

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  5. 5

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  6. 6

    五輪相の失言は全文読んでもダメ

    永江一石

  7. 7

    いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

  9. 9

    エロ本排除を招いた出版社の失策

    文化通信特報版

  10. 10

    眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。