記事

「野党第1党の役割を肝に銘じて、これからも戦っていく」髙木国対委員長



髙木義明国会対策委員長は1日、記者会見を開き、同日の衆院予算委員会での締めくくり質疑等について見解を述べた。

 同委員会では午前中に締めくくり質疑が行われた後、2016年度予算の採決が見込まれている。髙木委員長はこの間の審議で明らかになったこととして、「アベノミクスが明らかに行き詰っている」「軽減税率導入によって混乱が生じる恐れがある」「自民党の金権体質が復活している」「安倍政権の報道監視が厳しくなっている」「閣僚としての資質が欠如している」――を挙げ、「安倍政権の一強体制の中で、おごり、緩み」が見受けられると指摘し、今後も甘利前大臣の証人喚問など、残された課題について予算委員会の開催を要求していく考えを示した。

 議案の賛否については、2016年度政府予算3案については「安倍内閣の先送り・ばらまき・選挙目当て」であるとして反対し、民主党の考え方を明らかにするために組み替え動議を提出する。予算委員会での採決後に開かれる財務金融委員会では、特例公債法等改正案と所得税法等改正案について、総務委員会では地方税法等改正案と地方交付税法等改正案について締めくくり質疑と採決が行われるが、いずれの法案にも反対する。髙木委員長は「あらためて野党第1党の役割を肝に銘じて、これからも戦っていく」と述べた。

 記者団から、今月中にも結成される新党の名称について見解を問われ、今後、新党協議会での議論となることから「予見を挟むようなことは避けたい」としつつ、「『民主党』という名前に対して新たな評価が出ている気がする。世界各国を見ても『民主』という呼称は、国際性、普遍性のあるものだ。また、昨日の全国幹事長会議では、厳しい風の中で今日まで頑張ってきた『民主党』を大切にしてほしいという願いを肌で感じた」「私自身も『民主』は党の理念を表している言葉だと思ってる。自由民主党、社会民主党があるように、『民主』は大事にしなければならない、捨てがたい言葉だ」と述べた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。