記事

イーロン・マスクの夢を追う2社 ハイパーループ開発スタート - 土方細秩子

土方細秩子 (ジャーナリスト)

地上を音速で駆け抜ける未来の交通機関」として、テスラCEOイーロン・マスク氏が提唱したハイパーループが、いよいよ実現に向けて動き出した。ハイパーループは2013年にマスク氏が経営する宇宙ロケット事業、スペースXの一部として併設。アイデアとしては真空状態に近いチューブの中をPodと呼ばれる車両が圧縮空気を押し出すことで浮上して進む乗り物だ。ちょうどエアシューターのような考え方で、最高時速900マイル(1500キロ)が可能という。マスク氏は「自分で開発したいが時間がない」として、技術などをオープンソースで公開(http://www.spacex.com/sites/spacex/files/hyperloop_alpha.pdf)。広く実現可能なシステムを募り、2016年6月15日にコンペを開く、としている。

ハイパーループの実用に向けて競う2社

 これに真っ先に呼応したのが、ハイパーループのアイデアに賛同した企業家グループだった。すでにハイパーループ・テクノロジーという会社を設立、 昨年には北ラスベガスにテストトラック建設を開始、早ければ今年夏にもテスト運行を行うという。

画像を見る
ハイパーループ・テクノロジーのイメージ

 ハイパーループ・テクノロジーCEOは元シスコ社長、ロブ・ロイド氏。同氏は「2020年には実際に商業運用が始められる、という自信を持っている」と語る。ハイパーループは建設コストが安く、ひとたび軌道に乗れば全国に路線を伸ばすことができる。まさに21世紀型の夢の高速移動技術だという。

 ハイパーループ・テクノロジーはマスク氏のアイデアに乗った形ではあるが、スペースXとは無関係に独自の実現運営を目指す。いわばスペースXのライバルとなりえる会社だ。

画像を見る
同上

オープンソースで、人、カネ、技術を募集

 一方のマスク氏側だが、会社を設立するにあたりボランティアを募って自主的にこの未来型交通機関に参加、という一風変わったスタイルをとっている。こちらの会社、ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズは、ウェブサイト上で「世界のどこにいても一緒に働ける。最低で週10時間以上の時間を費やしてくれる人を募集」しており、その報酬は同社の株式。

画像を見る
ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ社のイメージ

 つまり起業家精神を持つ人々が集まって、未来の技術を共に作り出そう、というアイデアだ。スペースXのロケット技術者などがパートタイムで参加し、夢の実現を目指す。同時にこのウェブサイトではクラウドファンディングによる基金も募集している。

 ハイパーループテクノロジーから遅れを取ること約半年、今年2月トランスポーテーションも1億ドルの基金を集め、中部カリフォルニアで全長8キロのテストトラック建設に着手した。噂ではテキサス州内での建設とされていたが、もともとの計画が「サンフランシスコーロサンゼルス間を30分で結ぶ」ものだっただけに、テストトラックから実用に移しやすいカリフォルニアが選ばれたと思われる。

画像を見る
同上

 トランスポーテーションのPodはテクノロジーのものよりやや大型で、28人を収容できる。CEOはマスク氏の意思を受け継いだディルク・アールボーン氏。同氏によるとテストトラックは「カプセルの運用、乗り心地、全体のオペレーションなどを見るためのもので、スピードや実用化についてはすでにクリア済み」という。そのため、このテストが終わり次第実際の路線建設を始め、早ければ2018年にも実用化が可能、と豪語する。

 建設費用だが、アールボーン氏によるとロサンゼルスーサンフランシスコ間で約160億ドル。マスク氏の当初の計画では80億ドルで建設可能だったが、様々な技術的課題をクリアするにはこれだけの費用がかかる。ただし「実際に運用しようと思えば1000億ドルは下らないのでは」という指摘もある。

 アールボーン氏は運賃についても非常にユニークな考え方を披露する。「スマホゲームが無料で提供され、ゲーム内のアイテム購入などで収入を得ているように、ハイパーループも運賃を無料にできる可能性がある」というのだ。
米の国内線航空機は手荷物や機内の飲み物、食べ物、インターネット、ビデオなどに課金しているが、同じような利用者課金が考えられるのか、あるいは広告収入に頼るのか。詳細は明らかにされていないが、もし本当に無料で提供されるならば、交通機関にとってひとつの革命となるのは確かだ。

もちろんハイパーループが実現するには、まだまだクリアすべき課題は多い。その最大のものが、0.5Gと言われる重力に乗客が耐えられるのか、という問題だ。これは宇宙ロケットとまではいかなくても戦闘機なみのGだが、アールボーン氏は「普通の航空機と同じくらいの感覚」にPodデザインによって持っていける、という。

カリフォルニアの次は中東

 次に真空に近いチューブ内を高速で移動する乗り物だけに、地震の多いカリフォルニアで安全性は保たれるのか、という問題。これも「耐震構造によりチューブは守られており、災害時の緊急ストップなど、対策は万全」というが、テストを繰り返さないことには絶対は得られない。

 しかしアールボーン氏は自信たっぷりで、カリフォルニアの次は中東、アフリカ、そして欧州にもこのシステムを売り込む、という未来図まで描いている。

 このほかにもMITの研究者チームなど、ハイパーループ計画に興味を抱き、6月のコンペに向けて準備を進めるグループが複数存在する。コンペの参加者はスペースXの施設の一部に建設された約1キロのテストトラックを使用でき、「人が乗れるサイズのPod」を開発、テストすることができる。

 現代のトーマス・エディソンと呼ばれるマスク氏のアイデアから、実現に向けて様々な道を歩み始めたハイパーループ。シリコンバレーの投資家が集まったテクノロジー社が先に実現して商業利用の権利を得るのか、あるいはマスク氏の元でコンペを勝ち抜いたチームがハイパーループの本命となるのか。6月のコンペの結果、SFの世界のような技術が本格的に実現に向けて始動し始めるかもしれない。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。