記事

【衆院予算委】「政権与党の対応で報道が委縮している」奥野議員



 

奥野総一郎議員は29日、衆院予算委員会の外交・国民生活等に関する集中審議で質問に立ち、安倍総理や関係閣僚に対し、(1)電波停止問題(2)政治的公平性の解釈――など、報道の自由の問題について問いただした。

 「報道の自由はというものは民主主義の基本だ。事実を国民が知るためには自由に報道できなければならない。アベノミクスがうまくいっているのかどうか判断するのは国民だ。その材料を、事実をきちんと報道していくことが放送の基本だ。しかし最近、報道の自由が脅かされている。あるいは萎縮しているのではないかという声を耳にする」と奥野議員は述べ、2013年からのTBS、NHK、テレビ朝日などに対する政権与党の一連の対応について、安倍総理は承知しているのか、または承認や指示を出しているのかと問いただした。

奥野総一郎議員

 「アベノミクスを批判することを許容できないことが問題。これで日本の報道が萎縮しないと思っているのか。選挙直前にこのような対応を取られれば、選挙報道を自由にできなくなる」「総務大臣には非常に強い権限が与えられており、どういう場合が放送法違反になるのかが大事だ。従来の政府答弁は、番組全体としてのバランスを見て判断するというものだったが、高市総務大臣の答弁では、個別の番組でも停波をしうるということに変わった。そこが決定的な問題だ」と奥野議員は指摘し、安倍総理に対して、「個別の番組についても停波や業務停止がありうるということでいいのか」とあらためて質問した。安倍総理は、「高市大臣の見解は、番組全体で判断するという従来の解釈を変更するものではなく、補充してより明確にしたもの。一つひとつの番組を見ないと全体を判断できない」と強弁した。

 奥野議員は、「こうした政治の姿勢は国際社会でも批判されている」と述べるとともに、自民党内からも懸念する声が出ていることを紹介。「報道に対してはもう少し抑制的に対応すべきだ。政府が一つひとつの番組を注視している国など先進国にはない」と安倍総理の姿勢を厳しく批判した。

PDF「奥野総一郎議員配布資料」奥野総一郎議員配布資料

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。