記事

【衆院予算委】「政権与党の対応で報道が委縮している」奥野議員



 

奥野総一郎議員は29日、衆院予算委員会の外交・国民生活等に関する集中審議で質問に立ち、安倍総理や関係閣僚に対し、(1)電波停止問題(2)政治的公平性の解釈――など、報道の自由の問題について問いただした。

 「報道の自由はというものは民主主義の基本だ。事実を国民が知るためには自由に報道できなければならない。アベノミクスがうまくいっているのかどうか判断するのは国民だ。その材料を、事実をきちんと報道していくことが放送の基本だ。しかし最近、報道の自由が脅かされている。あるいは萎縮しているのではないかという声を耳にする」と奥野議員は述べ、2013年からのTBS、NHK、テレビ朝日などに対する政権与党の一連の対応について、安倍総理は承知しているのか、または承認や指示を出しているのかと問いただした。

奥野総一郎議員

 「アベノミクスを批判することを許容できないことが問題。これで日本の報道が萎縮しないと思っているのか。選挙直前にこのような対応を取られれば、選挙報道を自由にできなくなる」「総務大臣には非常に強い権限が与えられており、どういう場合が放送法違反になるのかが大事だ。従来の政府答弁は、番組全体としてのバランスを見て判断するというものだったが、高市総務大臣の答弁では、個別の番組でも停波をしうるということに変わった。そこが決定的な問題だ」と奥野議員は指摘し、安倍総理に対して、「個別の番組についても停波や業務停止がありうるということでいいのか」とあらためて質問した。安倍総理は、「高市大臣の見解は、番組全体で判断するという従来の解釈を変更するものではなく、補充してより明確にしたもの。一つひとつの番組を見ないと全体を判断できない」と強弁した。

 奥野議員は、「こうした政治の姿勢は国際社会でも批判されている」と述べるとともに、自民党内からも懸念する声が出ていることを紹介。「報道に対してはもう少し抑制的に対応すべきだ。政府が一つひとつの番組を注視している国など先進国にはない」と安倍総理の姿勢を厳しく批判した。

PDF「奥野総一郎議員配布資料」奥野総一郎議員配布資料

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  5. 5

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  6. 6

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  7. 7

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。