記事

若者ら「選挙に勝ちたい」/名古屋でシールズ東海 野党合意後 初のデモ/小池氏らあいさつ

リンク先を見る

「選挙に勝ちたい!」「野党共闘は画期的」。快晴の名古屋市内で28日、若者たちの声が街頭にあふれました。SEALDs TOKAI(シールズ東海)による「自由と民主主義を守るための名古屋デモ」です。学生、市民ら1200人が参加し、駆けつけた野党国会議員と一緒に繁華街でアピールしました。

 安保法制廃止のために国政選挙協力を確認した5野党合意後、シールズ東海としては初の行動。沿道では、赤ちゃんを抱く母親がスマホで撮影したり、女子高校生の集団が「かっこいい」と声をかけたり、途中から行進に加わる若者など、沿道一体の盛り上がりを見せました。

 シールズ東海の岡歩美さんは「参院選で5野党が協力するのは、めちゃめちゃ画期的。選挙に行こうよ」と呼びかけました。特攻隊の教官をやっていたというおじいさんから「何があっても戦争だけはいかん」といわれた男子学生は「僕らが平和を守らないといけない」とマイクを握り締めました。

 デモ行進に先立ち、同市の白川公園で集会が行われました。「選挙に勝ちたい」と声を張り上げたのはシールズの奥田愛基さん。「報道を見ていると相手も焦っている。自信を持とう。世代、政治信条を超えて俺たちはアベ政治に勝つ!」とのべると大きな拍手に包まれました。

 政党からは、日本共産党の小池晃副委員長、民主党の近藤昭一幹事長代理、社民党の吉田忠智党首があいさつ。

 小池氏は「野党は共闘して、戦争法廃止を願うみなさんの声を聞いた。今度は与党に、いうことを聞かせる番だ」と訴えました。近藤氏は「野党5党はあらゆる場面でともにたたかう」、吉田氏は「国民の暮らしを守らない安倍政権打倒のためがんばる」とのべました。

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

  8. 8

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。