記事

衆議院選挙制度改革とダブル選

昨年10月の国勢調査の速報値がきのう発表され、調査開始いらい初めて人口減少が明らかになりました。

衆議院の「1票の格差」も広がりました。格差2倍を超える選挙区が東京1区・東京3区・東京5区など計37区。このまま衆議院選挙なら、また違憲判決が出るおそれがあります。

衆議院の選挙制度改革について、今年1月に有識者調査会が出した答申では、選挙区を「7増13減」して6減、比例代表では4削減の案でした。

この答申に沿って、昨年の国勢調査の数字で計算しなおすと、小選挙区を「9増15減」しなければなりません。

これに対して自民党が反対。違憲判決でも批判された「1人別枠方式」を事実上温存する独自の計算で「0増6減」を主張しています。

以前、安倍首相は2020年の国勢調査をもとに選挙制度を改めるべきだと先送りする意向でしたが、野田前首相の予算委員会質疑の日から「この国会で選挙区割りの変更と10減をやりたい」と発言。国勢調査結果が明確になった昨日は、今回の小選挙区の改変は「0増6減」としながらも、答申で示された「アダムズ方式」への変更は4年後の次の国勢調査を受けて行うべきだという考えを示しました。

安倍首相は、早期の衆議院選挙制度改革を実現するために、少しずつ野党の主張する方に近づいてきているのは明らかです。

それは7月の衆参ダブル選を意識しての他ありません。

最終的にダブル選になるかどうかは、まだ誰も分かりません。

しかし、私は国会議員になってから3回の解散を経験してきましたが、最後は「流れ」が出来てしまうと、解散権を持つ首相にでも止めることはできないという状況を見てきました。

そういう意味では選挙制度改革が整った場合は(余程の経済的・政治的激震が発生しない限り)、ダムが決壊するように流れは出来てしまうのではないかと思います。

民主党と維新の党の合流を後押ししたように、永田町は完全に臨戦態勢に入っています。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  5. 5

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。