記事

新しい国民政党にふさわしい党名にしたい

新党結成に向けた、岡田代表と松野代表の合意調印が行なわれた。これで3月中には衆参150人規模の新しい野党第一党ができる事が決まった。「平成の大同団結運動」を掲げ、安倍政権の補完勢力たらんとする連中の攻撃を受け、傷だらけになりながらも、これで将来の政権の受け皿たり得る最低限の結集が実現できる見通しとなった。感慨深い。

新党協議会では、「党名」「綱領・政策」「組織・規約」の3つについて、両党から担当者を出して、協議を進める事となった。政策面は統一会派での議論の積み重ねがあるから心配いらない。組織や規約は常識的なところに落ち着くだろう。最も注目され、両党の間で最も厳しい議論になるのが、「党名」の協議だろう。その担当者にはこちら側は江田さんと私が指名された。なかなか大胆な人選を松野代表はされたと思う。これから民主党側のカウンターパートとの協議が始まる。

新党の成否を握る重要な部門を任された。江田さんにも現場で汗をかいて頂く事となった。原理原則は堅持しつつ、大局的な見地に立って、各界各層の多種多様なご意見を聞きながら、最良の結論を出していきたい。私なりの腹案はあるが、それにはこだわらない。新しい国民政党にふさわしい党名にしたい。「何を目指すのか」という新党の綱領の議論にも、かねてから書いているように、私なりの意見がある。

それにしても野党第一党を新しく作る協議に参画できるなんて本当にやりがいがある仕事じゃないか。意欲的に取り組みたい。

あわせて読みたい

「民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。