記事

憲法9条は幣原発案で確定はしてない

昨日の「報道ステーション」で、憲法9条の発案者は幣原喜重郎だと報じていた。
マッカーサーの回顧録にも、幣原の回顧録にも「幣原発案」とあるので、それで決まりだと思っているのかもしれないが、歴史事実の「史料批判」というものは、実はそんなに単純ではない。

憲法9条の発案者は、マッカーサー説、幣原喜重郎説から、昭和天皇説まである。

当時アメリカでは「天皇の戦争責任追及すべし」という意見も多かったので、マッカーサーは「天皇を守らなければ占領統治が瓦解する、100万の軍隊を追加してもらわなければならない」という電報を本国に送った。

そこで取り引きされたのが、第一章・天皇条項と、第9条の戦争放棄条項をセットにして、日本の再軍備を封じ込むという案で、「発案者は日本人、幣原喜重郎だ」ということにしてくれと、マッカーサーが幣原に飲み込ませたのだろう。

占領統治というものは間接統治でなければ、うまくいかない。
日本人自身が「憲法9条を発案したんだ」と思い込むということ自体が占領政策の要諦なのだ。

「報道ステーション」は諸説ある場合は、その中の一つのみを真実であるかのように報じてはダメだ。
あまりに護憲派に偏向している。
憲法改正派も国民の半分近くいるのに、番組の公平中立性をあまりにも無視して、露骨に護憲派に偏った報道を強行し、歴史の真実を歪めてしまっては、あとで朝日新聞のように、「慰安婦の強制連行はなかった」と大々的に訂正せねばならぬような羽目に陥る。

それにしてもこの番組のコメンテーターをしている憲法学者の木村草太も明白な護憲派で、発言が学者的ではなく、政治的になっているから、警戒しておかなければならない。
右派にしても、左派にしても、学者は政治に左右されている者が多い。
真実よりも政治を追求する学者は、わしは右派左派ともに、大いに疑って見ることにしている。

(この件について知りたければ、ゴー宣道場の動画『高森明勅ウィンドウズ第156回』参照)

あわせて読みたい

「報道ステーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。