記事

「まだやってる」と言われることがプロの称号 - みうらじゅん×為末大[1]

1/2
突然ですが、連載「為末大の相談室」の総まとめとして、ベストセラー『ない仕事の作り方』(文藝春秋刊)の著者、みうらじゅんさんとの対談をお送りします。「陽気な引きこもり」だったみうらじゅん氏と「体育会系読書部」を自任する為末大氏。小学校の頃出会っていたらまったく接点がなかったであろうお二人は意外にも意気投合。プロとは何か、長続きする秘訣とは何か、肩書とは何か、超人と変態の違いは……といった「根源的」な問題に、ゆるく、深く迫ります。

【みうら】為末さんにお聞きしたいんですが、アスリートってどこまでを言うんですか?

【為末】アスリートってどういうイメージですか?

【みうら】いや、体を動かす人ってことでいえば寺参りも入るんじゃないかって(笑)

【為末】「競う」という要素が入ったらそうかもしれませんね。

【みうら】競うねぇー。寺参りだと差し詰め朱印集めを競うぐらいになっちゃいますねぇ(笑)なるほど体を動かし競うってなると……。いまやAVにも「アスリート」っていうコーナーがあるんですよ。それまでのAVって「ノーマルか変態か」の二大ジャンルだったと思うんですけど、それがどんどん細分化されていて、10年くらい前から「アスリート」というジャンルもできて、それまでは「レオタードもの」ぐらいしかなかったんですけどね。

【為末】新しいジャンルができたわけだ。

【みうら】AVでのアスリートはあくまでコスプレなんですけどね。それにまつわるファッションがあって初めてジャンルというものはできるから。

【為末】僕は3年前に引退して、いまはいろんな仕事をしているんですけど、もともとは陸上競技をやっていました。陸上はいろんなスポーツのなかでオタク度合いがいちばん高いスポーツかもしれない。

【みうら】ほうほう。

【為末】組織でうまくやっていけないタイプというか。現役引退後に研究者になる人も多いんです。

【みうら】基本、個人競技ですもんね。

【為末】そうですね。だからみうらさんの著書を拝読してすごく共感するところがありました。

【みうら】僕も明らかに団体じゃないんで。

【為末】そもそも何かスポーツはされていたんですか?

【みうら】小学校まで遡らないといけないんですけど、そのころはまだ結構陽気な感じだったんですよ。でも住職を目指して仏教中学に入ったあたりから、アスリートから遠ざかってしまいましたね。いわゆる「陽気な引きこもり」になってしまって(笑)ひとりっ子だったので、とりあえず友だちが家に来たときに、できるだけ長く帰らないでいてもらうためにどうするかばかりを考えていたんです。

画像を見る
みうらじゅんさん

【為末】仏像のスクラップブックを見せたりして(笑)

【みうら】結局、やっている仕事が「接待」中心で。僕って「オタク」みたいなイメージがあるんですけど、それは単に接待するため、人に見せるためにあるものなんですね。「自分だけの楽しみ」が純粋な趣味だとしたら、すごく不純な動機で始まった趣味ですよ。とりあえず個人競技をやりながら、常に誰かを引き込もうと勧誘しているんだけど、結局誰も入ってこなかった、みたいな状態がずっと今まで続いていて(笑)

【為末】みうらさんのやってることって、マニアの世界に光を当てるようなことですよね。それってどことなく僕の場合と似ているような気がします。ハードルもマイナー競技だったと思うんですが、日本人である僕が勝つということで世間の関心が向くというところがあったんです。

【みうら】ハードル競技って、脛、うちますもんね(笑)

【為末】そうそう。みんなじゃないですけどね。

【みうら】小学校の運動会で障害物競走をするとき、「これは将来、人生というハードルを乗り越えていかなきゃならないという意味なのかな、いやだな」ってずっと思っていたんです。ただ単にまっすぐ走ればいいものを何故?って。あのハードルの高さにも何か深い意味とかあるんですか?

【為末】一説には「羊飼いの柵の高さ」と言われているんですけど……あまり意味はないでしょうね。

【みうら】意味はないと(笑)

【為末】ええ。でも僕らにとってはハードルってありがたいところもあるんです。陸上競技は結局、黒人の選手とどう戦うかなんです。彼らがのびのびと走るとほとんど勝てないので、ハードルがあることがむしろいいんですよ。

【みうら】そこにハードルがあれば、バケモノみたいに速いやつが引っかかるかもしれないという。

【為末】そうですね。なんとかなるんじゃないかって。

【みうら】ということは、バケモノ防止のためのハードル?

【為末】そういうことになりますかね(笑)

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。