記事

トランプ氏は、ワシントンでトランプbetaになる

先日出席したTEDのあるセッションでも、質疑応答の時に、two wordsの質問があるわ、と司会が言って、President Trump? トランプ大統領? とそんなことあり得ない、可能性の一つとして言及されていたけど、なんだか現実味を帯びてきてしまった。

トランプ候補の「アメリカとメキシコの国境に壁をつくる」とか、「イスラム教徒を入国禁止にする」という過激な発言は、政治の主流派からは、「道化師」扱いされていたわけだけど、共和党の候補者に指名される可能性が高まってきている。

その読み筋とは、こうだ。メキシコ国境の壁とか、イスラム教徒の入国禁止とか、トランプ氏が主張していることは、仮に大統領に当選して、ホワイトハウス入りしたら、実際には実行できないだろうと。もしやるにせよ、妥協したことしかできないだろうと推理しているのではないか。

ワシントンには、優秀な官僚がいる。彼らが、トランプ氏の国境の壁やイスラム教徒入国禁止といった発言にどのように反応するか、容易に推測できる。現実にはできない理由など、100でも200でも並べられるだろう。

トランプ氏が支持されている理由は、その過激な主張がそのまま実現されると期待しているわけではなくて、彼のようなアウトサイダーがワシントンに入っていった時に起こるダイナミズムに期待しているのだろうと私は思う。

結局は、トランプ氏とワシントンの妥協の産物として、何か現状打破の興味深い試みが出てくるのではないかと期待しているのである。もっとも、これはトランプ氏に妥協をする能力と意志があるということが前提となる。

ここで、トランプ氏の不動産王としてのビジネス感覚が出てくるのだろう。不動産ビジネスをやる上では、強面のイメージとは別に、相手との交渉や妥協は必要だったに違いない。そういうトランプ氏だから、ワシントンともうまく妥協するだろう、くらいに思っているのではないか。

結局、トランプ氏は、ワシントン入りすると、トランプbetaにヴァージョンアップせざるを得ない。そこまで読んでアメリカ国民の一部が支持している、と私は推理する。もっとも、ご本人たちが自覚しているかどうかはわからないけれども。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  8. 8

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。