記事

預金金利すでに低い、若干下がっても消費者に影響小さい=日銀総裁

[東京 25日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は25日午後の衆院財務金融委員会で、マイナス金利の導入によってすでに低い預金金利が若干低下しても、消費者に大きな影響はない、との認識を示した。鈴木克昌委員への答弁。

総裁はマイナス金利導入後の金利動向について、預金金利が小幅な低下にとどまる一方、貸出は基準金利や住宅ローン金利が「はっきりと低下」しており、「金利面ではすでに政策効果があらわれている」と評価。今後は「設備投資や住宅投資にも好影響が及んでいく」と述べ、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和は国民生活に必ずプラスになると確信している」と強調した。

そのうえで、預金金利について「マイナスになることは考えられない」と述べるとともに、すでに低金利にある中で、「さらに若干下がったとしても、一般消費者が非常に大きな影響を受けることはあまり考えられない」との認識を示した。

10─12月期の実質国内総生産(GDP)は個人消費の低迷などを中心に2四半期ぶりのマイナス成長となった。総裁は消費動向について「天候不順などいろいろな要因が含まれている」としながら「今後も消費の動きを十分注視したい」と語った。

(伊藤純夫)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  7. 7

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。