記事

Yahoo JAPANは嘘つきなのか ジャーナリストってなんだ みんな残念だ

画像を見る

藤代裕之さんのエントリーをFacebookで見かけ、いろいろ考えた。

取材に対してウソをつく組織「Yahoo! JAPAN」が信頼と品質など担保できるわけがない(藤代裕之) - Y!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujisiro/20160224-00054718/

要するにYahoo JAPANの宮坂社長に取材を申し込んだのだが、「Yahoo!ニュースについては担当責任者から語らせたいという宮坂本人の意向」という理由で広報から断られた。

しかし、朝日新聞には宮坂社長のインタビュー記事が出ていた、と。

新しい書き手を発掘していきたい ヤフー宮坂社長に聞く:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ2H46Y3J2HULFA014.html

これはYahoo JAPANのメディアステートメントと違うんじゃないかという趣旨のものである。

藤代裕之さんの問題提起や宮坂社長のインタビューに対して、ネット上では賛否が起こっているようだ。まあ、言ってみればよくある光景である。藤代さんに対して「さすがジャーナリスト」とか、それをYahoo!個人で書いたという行為に対する賞賛とか、それを載せるYahoo!がすごいとか、宮坂社長のインタビュー面白いとか、そんな声を見かけたのだけど、朝から読んでいて、「あー、みんな、レベル低い」と思い、どんよりしてしまった。

なんというか、残念な感じがするのだ。

藤代さんの問題提起は全うのようで、「それでも手をつくして取材しようとする」のがジャーナリストなのではないだろうか。1回の取材のお断りレベルで何を屈しているのだろう。Yahoo!JAPANは時価総額で日本のトップ40に入っている企業であり、その経営者は暇ではない。藤代さんも書いているように、そりゃあ、取材も殺到するだろう。取材先も選ぶだろう。それでも、いきなりエントリーで晒すなどの行為の前に、もう一手二手打つのがジャーナリストではないだろうか(間違っていたら、指摘してほしい)。そこがその辺のブロガーとジャーナリストとの違いである。それを「さすが藤代さんは一流」などと礼賛する人たちもどうかしている。こういうことを晒さずに、そんなドラマを乗り越えて取材をし、記事を実現させ、記事を書き、その辺の苦労は晒さないのがジャーナリストなのではないか。みんな、その辺の事情、わかっているだろう。

あとから追記されたのかもしれないが、朝日の記事を読むかぎりメディアステートメントの発表があった2月18日により前の2月5日に行われたものである。

そもそも、藤代さんは「先日」とあるが、いつ取材依頼を出したのかを明記していない。時系列がよくわからないのだ。まあ、ここで藤代さんに連絡をとって「いつ取材依頼をしたのか?」とか確かめない私も所詮、その辺のブロガーなのだけど。Yahoo!JAPAN側の事情はどうなのだろう。

一方、面白かった、読み応えがあったと評判の朝日新聞による宮坂社長のインタビューも私にとってはやや不愉快だった。新しさがない。自分のニュース好きアピールは結構なのだが、具体的な打ち手をもっと聞きたかったという感じだ。ピュリッツァー賞を出すという言葉自体が、私にはジャーナリズムバカにするなと思うし、今のYahoo!個人の現状との差をもっと認識してほしいし、書き手を育てるというのがどういうことなのかもよくわからない。まあ、これもまた大企業の社長のインタビューあるあるだし、社長にそんな各論など期待してはいけないのだけど。この記者の方は長年IT業界を追っているというのだが、Yahoo!JAPANのプレス発表以上の、宮坂社長の講演以上の新しい何かを引き出せているのだろうか。

なので、この一連のやりとりのレベルの低さを見て、がっかりしつつ、こんな業界の末端で食べさせてもらっている自分が嫌になりつつ、今年こそ残る原稿を書くぞと謙虚になった41歳の朝。

せっかく今日はクルマ雑誌の購入レポート取材対応という、松任谷正隆的な夢のような日なのだけどな。他にもラジオ出演や、面白い取材対応や取材がいっぱいある「ああ、キラキラしている、俺!」っていう日なのに。朝から、どんよりしてしまった。

こういうことをYahoo!個人に書いて盛り上げようという意識の高い人もいっぱいいるのだろうけど、昨晩、記事をアップしたばかりで、公共の場で連投するのはあれなので、個人ブログに書いておく。Yahoo!個人に転載してもOKなら、このまま貼るけどな。

あ、私のYahoo!個人の連載、よろしくな。
おわれる社会
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsunemiyohei/

まだまだ全然、理想に届いていないぞ。

東洋経済オンラインの連載の方が自信が持てるのだが、それは東洋経済オンラインのアクセス数が多いのと、担当編集者の武政さんが超絶優秀なのと、東洋経済の名前で取材依頼にOKもらっているからだけだ
「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
http://toyokeizai.net/category/tsunemiyohei

リンク先を見る
僕たちはガンダムのジムである (日経ビジネス人文庫) [文庫]
常見 陽平
日本経済新聞出版社
2015-12-02



要するに、僕たちはガンダムのジムであるということなんだ。ガンダムではないかもしれないけど、ジムは立派なんだ。今日も謙虚に戦うよ。

追記(2月25日8時30分):写真に対してキモいという声を友人から頂いたが、少しでも和ませようとしているんだからな。千疋屋のパフェ、最高ッ!(バカな芸能人ブログ風)

あわせて読みたい

「Yahoo!ニュース個人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    東京都で新たに1429人の感染確認 重症者は6人増えて78人

    ABEMA TIMES

    07月26日 17:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。