記事

『日本がもしアメリカ51番目の州になったら』(日米問題研究会)を読む ・・・「背後にある謎の組織」疑惑と丸山議員のヘヴン状態について

1/3

リンク先を見る

丸山和也・参院議員(自民)が、2月17日の参院憲法審査会で問題発言をしたということで、野党は辞職勧告決議案を提出したとのこと。「国民の政治に対する信頼を著しく失墜させた」ということらしい。

対する丸山議員やこれを支持する方々からは、別に差別的な発言などではなく、黒人が大統領になるアメリカの政治のダイナミズムについて語ったまでのことで、ミスリードを誘う揚げ足とりだとの擁護の声もあがっている。曰く、「重箱のすみをつつくような話である」と。

ご本人も、「良心に恥じるところは何もない」とのことだ。いつものように「ことば足らずで、誤解を招いたことは残念で、真意が伝わらず遺憾だ」(丸山参議院議員)ということらしい。

「奴隷」発言は「差別」であったかのか?

さて、この丸山議員の発言をつらつらと読んでいくかぎり、この発言が「差別」だったかというと、確かに微妙なようだ。

例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の 時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

確かに、これを文字通り読むと、言葉足らずながら、「差別問題を克服した」という意味の発言であり、むしろアメリカ社会の健全さを褒めることが発言の主旨だったということで間違いないだろう。

では、それでいいのか、というと別の話。

ニューヨーク在住の堂本かおるさんが以上のとおり的確に指摘されている。

「バックグラウンドを誤認している」というのは、オバマ大統領の父はケニア出身であり、アフリカ系アメリカンであるけれど、その家系が「奴隷」であったことはない。非常によく知られた話だが、たぶんこれを丸山議員は知らなかったのだろう。

もちろん、アメリカの黒人の大半がかつて奴隷としてアフリカから連れてこられた子孫という歴史的事実はそのとおりなのだが、それをもってオバマが奴隷というのは正確な話でもないわけで、さらに「アメリカの大統領は奴隷の出自」と言い切ってしまうことが、政治家としてトンチンカンであるばかりでなく致命的にデリカシーを欠いた発言であるのは、言うまでもない。

リンク先を見る
ただ「差別的」だとして議員辞職を迫るのは、ちょっとピントがズレているかもしれない。あくまでもトンチンカンでデリカシーがなく、議員としてトンデモということならわかる。これが議員辞職にあたるかどうかは判断がつかないが。有権者の聖断を伏して待つというところだろう。

しかし問題はこれだけではない。むしろ問題なのは、質問の趣旨となる「日本はアメリカの51番目の州になるのは憲法上問題があるのか」というものだ。

こちらについてこそ、丸山議員の「ことば足らず」を補足して、その「真意」はどのようなものなのか考えてみる必要があるはず。

そもそも質問自体がトンチンカンであった丸山発言

これは憲法上の問題でもありますけど、やはりユートピア的かもわかりませんけど、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。

例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約これ全く問題にならないですね。それから例えば、今非常に拉致問題ってありますけど、この拉致問題すらおそらくおこって無いでしょ。それから、いわゆる国の借金問題についてもですね、こういう行政監視の効かないようなズタズタな状態には絶対なってないと思うんですよね。

それで、これはですね、例えば日本が無くなる事でなくて、例えばアメリカの制度であれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね、比例して。 するとですね、おそらく日本州というのは、最大のですね下院議員選出数を持つと思うんですよ。数でね。それで上院もですね、州一個とすれば二人ですけど日本を幾つかの州に分けるとすると、かなり十数人のですね上院議員も出来るとなるとすると、これはですね、まあ世界の中の日本と言うけども、要するに日本州 の出身がアメリカの大統領になる可能性が出てくるという事なんですよ。という事は世界の中心で行動出来る日本という、まあ日本とは言わないんですけど。そういう事があり得ると言う事なんですよ。馬鹿みたいな話をすると、思われるかもしれないかもしれませんが。

全文文字おこし

整理すると質問の趣旨は、憲法上、日本がアメリカの51番目の州になれるのかということ。

単純に法的な可能性として「日本がアメリカの第51番目の州になれるか」といえば、これについて回答ができる人は誰もいないでしょう。なぜならばそれは日本国憲法を停止する、または日本国憲法が合衆国憲法や連邦法の優位のもとに置かれるという、超法規的な話だからです。

東西ドイツが合併されたときに、東ドイツの憲法が廃棄されたとか、朝鮮併合の時に大韓帝国の憲法である大韓国国制が停止された例がありますが、理念や細則 にあまりに大きな違いがあるために、普通に考えるならば、仮に51番目の州になるとすれば日本国憲法は白紙になるでしょう。

質問を受けた千葉経済大学の荒井達夫氏は、次のように答えている。

「今の丸山議員の話というのは、私は一度も考えたことがありません。で、話を聞いてて、自分の中に答えられるものがほとんど何もないなというのが正直なところです」

当たり前の話です(笑)

そもそも、二院制のなかでの参議院を今後どのように考えていくかという公聴会で、こんな「そもそも論」をされても皆こまるだけなわけで。。。

丸山議員は確か弁護士だったはず・・・・。こんなこともわからないのか、とわたしのような市井の人間ですら思うわけですが、冷静にいくらなんでもそんなことを知らないはずはない。そうすると、丸山議員がテレビのタレントとして「ホンネトーク」で語って問題提議をすることを狙ったと思える。

その前兆はすでに参議院憲法審査会筆頭幹事の民主党 風間直樹参議院議員が暴露している。関係がない話は議事進行の妨げになるので慎みましょうね、と事前に確認しているのにコレだということである。

では、そのおきて破りの議事進行妨害に等しい質問の「真意」はなんだったのか。

あわせて読みたい

「丸山和也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  6. 6

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

  8. 8

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    マスコミ競争社会 品格保てるか

    ヒロ

  10. 10

    たかまつなな語るNHK退職の背景

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。