記事

アップルのロック解除問題、米検察が銃乱射被害者側に協力要請

[23日 ロイター] - 銃乱射事件の容疑者が持っていたiPhone(アイフォーン)のロック解除をめぐり、米政府とアップル<AAPL.O>が対立している問題で、検察当局が被害者家族に協力を求めたことが明らかになった。

少なくとも2人の被害者の家族が、アップルにロック解除を求めて来週提出される弁論趣意書に署名するという。

元連邦判事で、被害者家族の代理人を務める弁護士のスティーブン・ラーソン氏は、被害者側の弁護に関心があるかどうか、ロサンゼルスのアイリーン・デッカー連邦検事から個人的に打診があったことを明らかにした。

複数の元連邦検事や被告側弁護士は、司法省が特定の弁護士に被害者の代理人になるよう依頼するケースはこれまで見たことがないと指摘したが、不適切だとの認識は示さなかった。

ただ、政府と被害者側の利害関係に変化が生じた場合、状況は複雑になると指摘した。

ラーソン氏も自身の経験上、今回のケースは「前例がない」と認めた上で、アップルのような企業が裁判所命令に従わないのも「異例だ」と指摘。

「アップルには、この件で訴訟を起こすのに無制限に近いリソースがある。誰かがしっかりと被害者側を代理するよう司法省が望んでも驚きではない」と語った。

アップルは、カリフォルニア州サンバーナディーノの福祉施設で昨年発生した銃乱射事件で、サイード・ファルーク容疑者が保有していたアイフォーンのロックを解除するよう連邦捜査局(FBI)から要請を受けたが、セキュリティの観点から拒否している。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。