記事

原油先物4%下落、サウジ石油相減産の可能性排除

[ニューヨーク/ロンドン/ドバイ 23日 ロイター] - 23日の原油先物相場は約4%下落。サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相がこの日、産油国の間で増産凍結に向けた支持が高まっていることで原油市場に見られる供給過多は緩和されるとし、減産の可能性を排除したことが相場への重しとなった。

北海ブレント原油先物<LCOc1>は一時、1.33ドル(3.8%)安の33.36ドル。米原油先物<CLc1>も1.51ドル(4.5%)安の31.88ドルをつけた。

ヌアイミ石油相の発言前、相場はすでに軟調に推移していた。サウジアラビアやロシアなど主要産油国が増産凍結で合意したものの、イランが協力する公算は小さいとみられているほか、増産凍結が実際に原油供給過多の解消につながるか疑問との声が根強いことが要因。

エナジー・アスペクツのアナリスト、ドミニク・ヘイウッド氏は「産油国が1月の水準で生産凍結しても、すでに供給が需要を日量100万バレル相当上回っており、供給過多の状態は続くことになる」と述べた。

石油輸出国機構(OPEC)のバドリ事務局長は22日、主要産油国による増産凍結合意が数カ月間維持されれば、供給過剰の解消に向け「他の措置」を検討する可能性があると表明。「最初のステップは増産の凍結だ。これが成功すれば、われわれは将来的に他の措置を取ることができる」と語った。

こうしたなか、イラン学生通信(ISNA)によると、同国のザンギャネ石油相は、主要産油国による増産凍結合意について、イランが制裁時に失った市場シェアの回復を阻むものであり「ばかげている」と語った。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。