記事

「時給まず全国どこでも千円」 非正規労働者の春闘

画像を見る

時給の目安となるファストフードの賃上げを求める世界同時行動。=2014年、渋谷 撮影:筆者=

 「人間らしく生きさせろ」。非正規労働者たちの春闘が本格化する。

 全国各地のユニオンが最低賃金の大幅引き上げを求めて、今週末(27日)、街頭キャンペーンを展開する。5月には国会内で集会を開き、参院選を控える政党にプレッシャーをかける。

 「最低賃金(最賃)大幅引き上げキャンペーン」委員会が、きょう、厚労省記者クラブで会見を開いた。

 「まずは全国どこでも最賃1,000円をめざし、次に1,500円を目指す」。委員会は運動方針を明らかにした。

 最賃(時給の最低額)は最も高い東京都でも907円、最も低い鳥取県、高知県、沖縄県で693円となっている。

 狂った日本の現実を考えると、時給1,000円は夢であり、1,500円は夢のまた夢だ。

 かりに時給1,500円だとしてフルタイムで働いても月収約25万円だ。これから家賃、光熱費、税金、社会保障費を払えば、食べていくのが精一杯である。時給1,500円は極めて つつましやかな 要求なのである。

画像を見る

非正規労働者自らが、インスタグラムに自分の顔写真を入れて「時給上げろ」と訴える。それをSNSで拡散するキャンペーンもある。=23日、厚労省記者会見室 撮影:筆者=

 町田市の弁当工場で働く男性(34才)の時給は908円。東京都の最賃(907円)スレスレだ。午前3時から正午過ぎまで働いて月収(手取り)は15~16万円。

 勤続8年になるが、昨年、首都圏青年ユニオンが団交するまでは社会保険に入ってもらえず、残業代も満足に払われなかった。

 「食って行くのがやっとです、結婚なんてできません」。男性は力なく話す。

 非正規労働者の平均年収は170万円(国税庁2014年度・民間給与実態統計)。正規労働者の3分の1で、残業代もまともに払われない。

 不安定このうえない雇用環境の中でこき使われる非正規労働者は、今や全労働者の4割を占めるに至った。非正規労働者の待遇改善は社会全体の問題でもある。

 にもかかわらずマスコミの関心は低い。厚労省記者クラブ加盟社は30社以上もあるのに、出席していたのはわずか3社だった。記者様たちは特権階級だからだ。

 安倍政権はその気もないのに選挙目当てで「同一労働・同一賃金」を唱え始めた。底意を知っているのにもかかわらず、新聞テレビはまことしやかに取り上げる。もし実現されれば、非正規労働者の賃金は飛躍的に増えるのだが。

 「そんな法律できっこない」。ユニオンの幹部は吐き捨てるように言った。

   ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「非正規労働者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。