記事

革新機構案のシャープ支援の「1兆円」の中身

先週、シャープ支援をめぐる、鴻海精密工業と産業革新機構の提案に関して、カギを握るのは銀行だという話を書きました。

鴻海案と革新機構案をめぐって、当初は、出資額について、鴻海7000億円規模、革新機構3000億円規模という数字で比較されがちでした。
むろん、間違いではないのですが、ただし、この数字だけを比較して「鴻海案が有利だ」とみると、間違える可能性があります。じつは、この数字の比較は、あまり意味がないといわれているからなんですね。

革新機構会長の志賀俊之さんによると、もともと、革新機構と鴻海ではコンセプトが違うわけです。革新機構案は買収ではなく、日本家電の再編によるシャープの生き残りです。
あらためて、いま一度比較してみましょう。

まず、鴻海案です。
わかりやすくいえば、鴻海は、まず、5000億円をシャープの成長投資として出資。すなわちシャープの株式を買い取ります。ここには、堺ディスプレイプロダクトの株式も含まれます。
さらに、2000億円で、シャープの主要取引先である、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の保有する優先株を買い取るという提案をしています。
前回も書きましたが、銀行としては、これは助かりますよね。

次に、革新機構案です。
まず、3000億円をシャープの成長投資として出資。
液晶事業向けに、2000億円の追加融資枠を設定。
さらに、堺ディスプレイプロダクトの株式を売却し、1500億円を調達。
銀行には2250億円の優先株の消却と、1100億円の追加出資を求めます。
優先株を減らすことによる配当減が、750億円。
これらをすべて合わせると、計1兆600億円になるんですね。

というわけで、シャープにとってみれば、財務効果が大きいのは、むしろ革新機構案だという説もあるのです。つまり、革新機構案は、必ずしも鴻海案に比較して、遜色はないというわけですね。

さて、24日にも取締役会が開かれ、翌25日の臨時取締役会で採決が行われるといわれています。タイムリミットは、刻々と近づいています。

まあ、どちらにしろ、シャープの行く末については、地獄を覚悟しなければいけません。
鴻海会長のテリー・ゴウさんは、やさしい顔を見せていますが、はっきりいってそんなに甘い経営者ではありません。
これに対して、産業革新機構によって立て直されるとしても、液晶も、白物も、太陽光も、厳しい現実に変わりはありません。
右にいっても、左にいっても、待っているのは地獄。
シャープは、経営者も、社員も、地獄に飛び込む覚悟を求められます。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  4. 4

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。