記事

焦点:大口預金にマイナス金利なら円高抑制も、企業リパトリ軽減で

[東京 22日 ロイター] - 国内銀行が大口預金にマイナス金利を適用すれば、円高抑制効果があるとの見方が出ている。日本企業が海外部門の利益や配当を国内に移すリパトリエーション(資金の本国還流)を抑える可能性があるという見立てだ。

現時点でマイナス金利を大口預金に適用すると決めた国内銀はゼロだが、仮に適用されれば、数千億円規模のドル売り/円買いが軽減され、円高圧力を和らげる効果はあるとの声が出ている。

<全銀協会長が研究中と発言>

市場関係者の注目を集めた発言がある。18日の佐藤康博・全国銀行協会長(みずほフィナンシャルグループ<8411.T>社長)の定例会見で、預金に対するマイナス金利導入の可能性について、各金融機関の判断としながらも、みずほとして調査・研究していると説明した。その際、「(先行してマイナス金利政策を採用している)ユーロ圏では、大口預金に対して残高に応じた手数料を設定するケースはある」とも述べた。

ニッセイ基礎研究所・シニアエコノミスト、上野剛志氏は「日本の親会社に資金を還流させて積んでおくとコストがかかるようになるなら、海外で得た収益は、利息の付く外銀の預金や外債投資に回した方が企業行動として合理的という判断に傾きやすい」とみる。

預金者から手数料を徴収するとしても「残高に比例するような仕組みならば、実質的にマイナス金利と変わらず、資金を国内に置きたくない動機づけになる」という。

外為市場では「(大口預金へのマイナス金利適用が)実現すれば、日銀のマイナス金利政策がようやく、円高抑制の効果を発揮し始めるかもしれない」(国内金融機関)との声が出ている。

<数千億円規模のリパトリ>

ドル/円<JPY=EBS>相場では、四半期末ごとに円高圧力が強くなるという季節性が意識される。国際展開する日本企業が海外にある資金を自国に戻す資金還流(リパトリ)が集中する時期に当たり、ドルを円に転換するドル売り/円買いの需要が高まりやすいためだ。特に年度末の3月末と中間期末の9月末は、その規模が膨らむ傾向にある。

国際収支統計の直接投資における配当金・配分済支店収益は、2015年3月で6932億円。国際決済銀行(BIS)の2013年統計によればドル/円は、1日100兆円程度が動く。

市場取引の多くは反対売買を伴う投機的な取引のため、相場へのインパクトは限定的なケースが多い。これに対し、リパトリは一見、微々たる規模に見えるが、一方向の取引であるため、相場の地合いによっては影響が強く出ることもある。

2013年─2014年のドル高/円安トレンドの中では、リパトリの円高圧力も飲み込まれたが「リスクオフ環境下での円買いにリパトリによる円買いが加われば、同じ方向の要素が重なって、円高圧力は高まりやすい」と三井住友信託銀行・マーケット・ストラテジスト、瀬良礼子氏は指摘する。

リパトリが軽減されるとしたら「ドル/円の押し上げにはつながらなくとも、下押し圧力は和らぎ得る」(三井住友信託銀の瀬良氏)という。

佐藤会長は、大口融資に対するマイナス金利を実際に導入するかどうかは「現時点ではわからない」としている。

ただ、日銀のマイナス金利導入を受けて、銀行は収益面にネガティブとなりかねない預金規模の拡大に慎重姿勢を強めてもいる。「日銀が追加緩和でマイナス幅をさらに拡大するようなら、邦銀が大口預金へのマイナス金利適用に踏み出す引き金になり得る」(市場関係者)との見方も出ている。

大口預金のマイナス金利と円高抑制という予想外の組み合わせが、市場の関心を集める可能性も出てきた。

(平田紀之 編集:田巻一彦)

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  10. 10

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。