記事

1月コアCPI上昇でFRB当局者発言に注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 22日からの週は、経済指標の発表や金融当局者の発言など材料が目白押しとなる。

米国株式市場の投資家は米連邦準備理事会(FRB)の次の動きに関する手掛かりを得ようと当局者の発言に注目しているが、19日発表の1月インフレ統計でコアの消費者物価指数(CPI)が横ばい予想に反して上昇したことで、当局者発言への注目度はさらに高まる見通しだ。

2016年に入った当初は年内に3、4回の利上げが予想されていたが、インフレ率の低迷や世界的な市場の混乱を受け、最近では年内の利上げは1回にとどまるとの見方が大勢を占めていた。

そうしたなか、1月のインフレ統計で変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIが前年同月比2.2%上昇と、2012年6月以来の大幅な伸びを示し、特にFRBの目標水準の2.0%を上回ったことが注目を集めた。インフレ加速を受けて、市場の利上げ観測も高まっている。

FRBが物価の目安とする個人消費支出(PCE)物価指数は26日発表される。1月の同指数の伸びはコアCPIと一致、あるいはそれを上回る可能性がある。

この週に発表される製造業およびサービス業購買担当者景気指数(PMI)や消費者信頼感指数も市場の材料となる可能性がある。

このほか、23日のフィッシャー副議長、25日のロックハート・アトランタ地区連銀総裁といったFRB当局者の講演内容に加え、リッチモンド地区連銀やカンザスシティー地区連銀が発表する景況指数も注目される。

フェニックス・フィナンシャル・サービシズ(ニューヨーク)のチーフアナリスト、ウェイン・カウフマン氏は「FRB当局者の発言は株式市場に悪影響を与えることはあっても、株価を支援することはない」と指摘。「発言がタカ派過ぎる場合は株価に悪影響を与えるし、ハト派過ぎる場合は株価をやや支援するだろうが、投資家の持続的な需要を生むことはない」と述べた。

次の米連邦公開市場委員会(FOMC)は3月15─16日に開催される。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。