記事

社民党大会 日本共産党が史上初の参加/志位委員長があいさつ

リンク先を見る

 社民党の第15回全国大会が20日、東京都内で開かれました。社会党時代を含め史上初めて、日本共産党の代表として志位和夫委員長が招待を受け、民主党や維新の党、生活の党を含む5野党の代表とともにあいさつし、戦争法(安保法制)廃止へ共同を大きく広げていこうと力強く訴えました。

 19日の5野党党首会談で、安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とし、国政選挙などでできる限りの協力を行うなどと確認したことを又市征治幹事長が報告。志位氏ら来賓の4野党の代表が紹介されると大きな拍手で迎えられ、社民党の吉田忠智党首とともに壇上で手をつなぎました。

 志位氏は、憲法改悪反対などで社民党と肩を並べてたたかってきた歴史を述べるとともに、昨年の戦争法案に反対するたたかいの到達点を踏まえて、昨日19日の5野党党首会談が実現したことを「『野党は共闘』を求める国民の声にこたえた、画期的な合意です」と強調。「野党が力を合わせて、日本の政治に立憲主義、平和主義、民主主義を取り戻すために頑張りぬこうではありませんか」と連帯を表明しました。

野党共闘の決意次々

 民主・枝野幸男幹事長は「(各党)それぞれの違いを認めつつ、この危機を乗り越えるためにともにたたかおう」と強調し、参院選に向けて「民主党の議席を一つでも多くしたいが、自公と補完勢力をいかに最小化させるかが最優先だ」と発言。維新・今井雅人幹事長は「民主主義を取り戻す一点で(5野党で一緒に)たたかっていきたい」、生活・小沢一郎代表は「5党が口先だけでなく、互いに信じ合い協力して選挙にのぞみ、安倍政権を打倒し政権交代をはかる。それがわれわれの使命であり責務だ」とあいさつしました。

 戦争法廃止を求める市民団体代表らは「自公政権に対決するには野党共闘と連帯が必須だ。(戦争法廃止へ)2015年の運動を上回る大衆闘争をしたい」(フォーラム平和・人権・環境の福山真劫(しんごう)代表)、「政党の利害関係、立場や世代の違いを超えて安倍政権の強権的な政治にノーの声をあげないといけない」(SEALDsの本間信和さん)などとあいさつしました。

あわせて読みたい

「社民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  4. 4

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。