記事

米国の空爆に関するアラビア語紙の解説(リビア)

リビアのサブラタに対する米軍機の攻撃については、そのタイミング(特に統一政府の承認をトブルク議会が審議しているときに行ったこと)や欧米の共同作戦ではなく米軍の単独作戦として行ったことなどについて、良く解らないところが多いが、al jazeera net が種々の米関係者の発言等をまとめて「米国の爆撃は新戦線を開いたのか、それとも取り敢えずの措置か?」と題する記事を書いているところ、特段の新たな情報はないも、記事の要点のみ次の通り
しかし、リビアでのISの拡大がチュニジアにとっての脅威で、彼らはチュニジアで再び大規模テロを計画するであろうというところは、非常に説得力があります。

なお、トブルク政府は20日、この爆撃はリビア政府と調整のうえ行われたものではなく、リビア主権の公然たる侵害である、との声明を出した(しかし、主権侵害ともなれば、通常なら安保理に提訴することになると思われるが、その形跡はなく、おそらくは取りあえずの形だけの非難であろう)
また、セルビア外相は、先にISが誘拐していたセルビア人2名は、ISのキャンプに留め置かれていて、空爆で死亡したと思われると語った由


「リビアに対する米軍の空爆は米国等で大きな議論の的となっている。
特に国防総省等軍事関係者は、リビアでのISの活動拡大と、それが北アフリカから過激派を集める根拠地となることを懸念している。
このためかワシントン・ポスト紙は今月の初めに、オバマはリビアに対してより積極的に関与すべしとの、軍人、安全保障関係者からの圧力を受けている、と報じていた。

一方で、国務省は、この爆撃はISの活動拡大を阻止するとの従来の政策の一環で、新しい戦線を開いたものではないと指摘した。
また大統領府は、今後とも米国の安全保障を守るために、この種の作戦を続けるが、基本的にはリビア統一政府の実現と関連していると述べている。
前からオバマ政策を批判している共和党は歓迎で、下院情報委員会委員長は、リビアで積極的にISをたたかないで、ISを掃討することはできないと語った。

これに対して、民主党の多くの議員が懐疑的で、十分な事前の議論なしで、リビアで新しい戦線が開かれることに警戒している。
先にも述べたように、軍事関係者は、イラクとシリアでISが受けた打撃もあり、ISがリビアを次の根拠地としようとしていることに焦燥感を抱いている。国防総省は、現在のISの戦闘員を6500名としており、これは昨年の推計の倍になる。

他方米国の専門家筋は、今回の爆撃は、リビアの2の政府に至急統一政府を作るようにとのメッセージで、米国としては統一政府ができたときの米国の関与の意図を示したものであるとしている。
しかし、彼らもオバマは積極的な共和党が求めるような地上兵力の展開は考えてなく、空爆と特殊部隊の組み合わせになるとみている。

彼らはリビアでの急速なISの拡大は、隣接国に対する脅威でもあり、特にチュニジアに対しては、ISが再び大規模テロを行う可能性があるとみている」

http://www.aljazeera.net/news/reportsandinterviews/2016/2/20/الغارات-الأميركية-بليبيا-جبهة-جديدة-أم-حل-مؤقت
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/libya/2016/02/20/الحكومة-الليبية-تعتبر-الغارة-الأميركية-انتهاكا-للسيادة.html
http://www.alquds.co.uk/?p=486046

あわせて読みたい

「ISIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「シャネルは古臭い」若者に変化

    krmmk3

  2. 2

    橋下氏「日本こそ自国第一主義」

    AbemaTIMES

  3. 3

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  4. 4

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  5. 5

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  6. 6

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  8. 8

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。