記事

【衆院予算委】要介護軽度者への負担増検討に「介護離職倍増政策だ」と山井議員が批判

 衆院予算委員会で19日、「政治改革・税と社会保障等」をテーマに集中審議が行われ、質問に立った山井和則議員は(1)「介護離職ゼロ」と介護保険制度の見直し(2)株価下落による年金運用損とアベノミクス(3)甘利前大臣の「口利き」疑惑――等について取り上げ、安倍総理らの見解をただした。

 政府は2018年度の介護保険制度見直しに向け、17日から始まった社会保障審議会介護保険部会で、要介護1・2の軽度者向けサービス「訪問介護」のうち調理、買い物といった生活援助サービスを保険の給付対象から外すことや保険料の支払い年齢を現在の「40歳以上」から引き下げることなどを検討。

年内に結論を出し、17年の通常国会に介護保険法改正案を提出、18年度からの実施を目指すとしている。これを受け山井議員は、「生活援助サービスをなくすというのは、仕事を辞めて家族でやりなさいということで、介護離職倍増政策だ。『介護離職ゼロ』と言っている政権が介護離職を倍増させるような検討をなぜ始めたのか」と追及したが、安倍総理は、要介護者とその家族の負担増について「検討中」であることを理由に答弁を避けた。

山井議員 パネルデータ1

 山井議員は、2015年の4月には過去最大の介護報酬引き下げを実施したことで2015年の介護事業の倒産は前年比40%と、過去最多の76件だったことにも言及。17日の審議会では委員から「家族の負担増につながる」「家族の介護が必要となり介護離職ゼロが達成できない」「軽度者外しは重症化を招く」といった声が噴出しているとして、「介護サービスを利用してなんとか仕事をしているご家族やお子さんは多い。その命綱を切ろうとされている」と訴えた。

 「介護離職ゼロ」を実現するためには、介護職員の離職ゼロの実現も必要だと主張。民主党は、平均月給が全産業平均と比べて約10万円も低い介護や障害者サービスに従事している人の賃金を引き上げる議員立法を提出予定だとして賛成を求めたが、安倍総理は「提出されていないし1行も見ていないのでお答えのしようがない」と投げやりな答弁に終始した。

山井議員 パネルデータ2

 株価下落による年金運用損については、今年に入って約9兆円の年金積立金の損失額が出ている計算となり、安倍政権が14年10月に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が基本ポートフォリオの株式運用比率を倍増して以降今日まででほぼプラスマイナスゼロ、今後さらに株価が下がるとますます運用損が拡大する可能性があると懸念を表明。

「GPIFにおける年金積立金運用リスクの想定損失額等に関する質問主意書」(2014年12月24日提出質問第6号)

「GPIFにおける年金積立金運用リスクの想定損失額等に関する質問主意書」(2014年12月24日提出質問第6号)


 2014年12月に長妻昭議員が提出した「GPIFにおける年金積立金運用リスクの想定損失額等に関する質問主意書」の内容を確認した。安倍総理は、仮に新しいポートフォリオを過去10年間に当てはめると、リーマンショックがあった2008年度の赤字額は約マイナス26.2兆円と、2008年度の実際の赤字額約マイナス9.3兆円の約3倍になることを認める一方、「過去のデフレ時代と違い、物価安定目標に向かって物価が上昇しているという状況ではそれに合わせたポートフォリオを構築しなくては年金受給者に対してしっかりとした年金を確保できない。

そのためのポートフォリオの変更だ」と強弁。山井議員は、「アベノミクスで株価を上げるために年金を注ぎ込むことで、年金生活者や将来の若者の老後のリスクを大きくする政策は大変問題だ」と指摘した。

山井議員 パネルデータ4

 甘利前大臣の「口利き」疑惑をめぐっては、1月28日の大臣辞任記者会見以後、URや建設会社S社側から示された新たな資料などから、会見での発言に虚偽内容が含まれていた可能性があり、いまだ大臣本人から何ら説明責任が果たされていないと指摘。会見での発言のなかで特に「A秘書やC秘書が金額交渉等に介入したことはない」「辞任の1つの理由として、秘書が疑惑を招いていることに監督責任を重く受け止めている」「しかるべきタイミングで事務所や秘書についての調査結果を公表する」の3つを取り上げ、「黒塗りの資料が多くて真相解明がなかなかできない。

金額交渉に関係ない、甘利大臣の言い分が正しいのであれば、黒塗りの部分は白くしていいのではないか。このままでは安倍政権全体が口利き疑惑隠しをしているのではないかと思わざるを得ない」と述べ、情報開示をするよう重ねて求めた。安倍総理、石井国土交通大臣は「公表範囲は『独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」等に基づきURで判断されるべき事項』」「要請に応えることは極めて困難」など、一貫してこれを拒否。山井議員は、あらためて甘利前大臣と2人の秘書の証人喚問を求めた。

PDF「2016年2月19日山井和則議員配布資料」2016年2月19日山井和則議員配布資料

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。