記事

朝鮮学校への支援停止通知を文科省が検討 


安倍政権は2月19日(金)に、閣議決定を行い、北朝鮮への拉致、核、ミサイル発射に対して、人、物、金の流れを遮断する制裁措置を発動しました。

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201602/19_p.html

日本のみならず、韓国は開城工業団地を北との協働操業を停止し、米国も独自制裁法案が成立し実施される予定です。これに、国連安保理の決議があれば、国際社会がこぞっての北朝鮮への包囲網となります。チャイナを除いてですが・・・

●朝鮮学校と入管統計の分離問題

それに先立って、自民党では、2月17日(水)16時から「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部・北朝鮮による拉致問題対策本部・関係部会合同会議」、17時から「北朝鮮による拉致問題対策本部」において、北朝鮮への制裁について議論を行いました。そこで、私は次のような発言しました。

安倍総理は自民党が昨年提案した13項目にそって、政府の北朝鮮制裁を検討したとのことです。内容について、高く評価し支持するものですが、その中に朝鮮学校への支援停止が入っていません。逆に、入っていないことが意外であり、北への逆のメッセージになっては困ります。文部科学省の対応はどうなっているのでしょうか。

さらに、以前から救う会が求めており課題となっている、入管統計の「韓国・朝鮮」の分離についての検討状況についても、法務省からお聞かせ下さい。

それに対して、文科省からは、次のような要旨の回答がありました。

朝鮮学校は、北朝鮮の影響にある朝鮮総連の、人事・財務・教育内容の統制を受けていること。国は支援をしていないが、地方公共団体は個別判断で支援していること。文科省としては、地方公共団体に対して、通知を発出すべく検討している。

法務省からも、入管統計を分離すべく、鋭意検討しているとのことでした。

●朝鮮学校へ地方が4億円支援。朝鮮総連関係者が国内に7万人

朝鮮学校問題については以前も指摘していますが、平成26年度文部科学省調べによると、18都道府県で約1億9千万円、全国112市区長選で約1億9千万円、総額4億円近くを支援しています。都道府県では、①兵庫県が1億円弱、②神奈川県が4千万円、③愛知県が2千万円弱・・・。市区町村では、①京都市が2千万円、②東京都荒川区が1千万円、③神戸市が900万円・・・。

http://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12104984788.html

国内には朝鮮総連関係者が7万人いると公安調査庁が特定しています。朝鮮学校関係者も含まれます。彼らに対して、朝鮮学校の地方公共団体からの支援停止は、北の拉致・核・ミサイル問題に対する制裁として、効果が高く、大きなメッセージになると思います。その実現に向けて、引続き力を尽くしてまいります。

あわせて読みたい

「朝鮮学校」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。