記事

【衆院予算委】「定数削減できなかった自民の責任重い。怒りを込めて抗議する」野田前総理

野田議員が質問

 衆院予算委員会の集中審議(政治改革・税と社会保障)が19日開かれ、野田佳彦衆院議員(前総理)が質疑に立った。

 野田議員は、「衆院の定数削減、いまだに実現していない。(2012年11月14日の)党首討論で、当時総理である私と自民党の安倍総裁が国民に約束したことだ。約束の中身は『身を切る覚悟』ではないか。私は衆院解散という約束を果たしたが、『次の国会での衆院定数削減』の約束が実現されないまま今日に至った。第1党自民党の責任は重いが、その自覚がない。できなかったということは、国民に嘘をついたことになる。満身の怒りを込めて抗議する」と安倍総理に迫った。

野田議員が問いただす


 野田議員は現状について、「衆院の選挙制度改革は、遅きに失した。先の総選挙の前、消費税を8%に上げるまでに実現し、1票の格差を是正しておくべきだった。取り返しがつかない」とし、さらに定数削減数については「10議席削減にとどまってはいけない。引き続き定数削減を含めた政治制度改革について、お互いに議論していこうと確約していただきたい」と安倍総理に求めた。

 経済については、GDP実質成長率が民主党政権時には年平均1.7%、安倍政権では0.6%である点を指摘し、「これを上げて行かなくてはならない。成長戦略にもっと力をいれるべきだ。民主党政権は、社会保障、中小企業、地方に力を入れた。そこが安倍政権との立ち位置の違いだ。取り入れてほしい」と述べ、さらに「(安倍総理は)数字と向き合う素直さをもってほしい。自画自賛はだめです。異論・反論に耳を傾けよ」と安倍総理に忠告した。

あわせて読みたい

「選挙制度改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。