記事

日露外務省ハイレベル協議

みなさん、こんばんは!
昨日は雪がチラチラした東京でしたが、今日はうってかわっての晴天!!!

太陽を浴びながらキーボードをパチパチしてますが、背中が熱い・・・・
でも、おひさまありがとう!!
さてさて、昨日15日は日ロ次官級協議が開かれました。
外務省のHPでも以下の通りに報道発表されています。

平成28年2月15日
1 本15日午前9時30分からワーキングランチを挟み約5時間,原田親仁政府代表兼特命全権大使は,飯倉公館において,モルグロフ,イーゴリ・ウラジーミロヴィッチ露外務次官(Mr. MORGULOV, Igor Vladimirovich, Deputy Minister of Foreign Affairs)との間で,日露外務省ハイレベル協議を行いました。

2 今回の協議では,今後適切な時期に安倍晋三内閣総理大臣の訪露やウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン・ロシア連邦大統領(Mr. Putin, Vladimir Vladimirovich,President of the Russian Federation)の訪日を実現するための準備の一環として,二国間関係全般について幅広く議論を行いました。協議の中で,平和条約締結問題についても率直な意見交換を行いました。

3 国際情勢については,北朝鮮,ウクライナ,中東等について意見交換を行いました。

ここで気になるのは、2番目の最後の部分です。
「協議の中で,平和条約締結問題についても率直な意見交換を行いました。」
"率直な意見交換"ということは、それぞれが正にそれぞれの立場を代表して意見を申し述べた、ということであり、今回見えた新たなフェーズに関しては触れられていないということです。

だからこそ、安倍総理自らがロシアを訪問することに意味があるのではないでしょうか。

日露外交そして領土問題というのは、首脳同士の人間関係や政治判断に大きく委ねられる問題です。

外交とは相手ある話。

結果を出すためには、その過程が重要でありどちらか一方が足を運ぶだけではなく互いの歩みが必要です。
なお、今回から「次官級協議」という名称から「外務省ハイレベル協議」と名称変更されました。
その点についても、何か意味があるのか。

両国のトップの考え、意向をくんだ直轄の協議の場として、今年こそ結果が伴われることを心から期待するものです。

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  7. 7

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  8. 8

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  9. 9

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  10. 10

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。