記事

今後期待の国/テーマ/セクター(kissyさんのご質問へのお返事)

1/2
前回の記事で公開した私のポートフォリオに関して、kissyさんからご質問をいただきましたのでそのお返事です。

コメント欄だと読みづらいので、あと、グラフとか表示できないのでこちらに書きます。
まず、kissyさんから頂いたコメントはこちら。

http://jovivi.seesaa.net/article/198335137.html#comment

ジョン太郎さんこんにちは。
いつもHPを興味深く拝見させていただいています。いろいろと勉強になる記事が多く、投資の参考にさせて頂いています。投資を始めて早4年。
リーマンショックで一時はマイナス40%の含み損を抱えていたものの、ジョン太郎さんの記事を読みながら売らずに続けてきた現在では少しですが含み益が出ている状況です。さて、今回コメントさせていただいたのは、ポートフォリオについてお聞きしたいからです。大きく様変わりした投資環境について、今、どのようなお考えをお持ちなのか、特に新興国についてご教授いただけたらと思います。ジョン太郎さんのポートフォリオを見るとやはり中国なんだろうなぁーと勝手に思ってますが、個人的にはもっとインドとか増やしてもいいのでは?とか新興国株でまとまってるあの中身はどんな内訳なんだろ?とか勝手にジョン太郎さんのポートフォリオを頭の中でいじくってしまっています。また、成長期待が低い国を除くということですが、投資信託ではBRICs以外の国を国別で買うのはなかなか難しいと思います。(私が知らないだけで、もしあるのでしたらスイマセン。)あと、テーマ/セクター株について、差し支えない範囲でどのようなテーマ/セクターにご興味をお持ちなのか、また、テーマ/セクター株に投資する際の注意点(投資信託がいいのか、個別株がいいのかも含め)など教えていただけたらと思います。
長文になりましたが、際どい点もあると思います。ジョン太郎さんのポリシー(個別の商品を薦めたりしない点)は理解しております。テーマ等に関してはこのテーマがオススメです!とならないよう、できる範囲でお答え頂けたらと思いますので、宜しくお願いします。

Kissyさん、まずはコメントとご質問を頂きましてありがとうございました。個別銘柄の推奨・勧誘はしない私のポリシーをご理解いただいたうえでのご質問ということですので、きわどくなるかもしれませんが、私のポリシーに反しない範囲でご回答させていただきます。前回公開した私の現在のポートフォリオがこちら。

画像を見る

まず、新興国についてですが、私もインドはもっと増やしてもいいかなと考えていますが、やっぱり良くも悪くも、まだまだ1人当りGDPが1,000ドルに乗ったばかりの国なんですよね。

ちょうどこないだIMFの最新予想とデータが発表されたばかりなんで見ておきましょうか。

画像を見る
(出所:IMF)
これから先の予想はIMFの予想によるデータです。

2010年の1人当りGDPが低い順に並べてあります。主な新興国はだいたい載せておいたので、にらめっこしてみてください。1人当りGDPのレベル感をつかんでいただくために、日本やノルウェーやポルトガルなどの「先進国」も載せておきました。ノルウェーとルクセンブルグは非常に象徴的で、金融や資源といった非常に効率のいい商売を人口の少ない国がやるとこうなりますよという典型。

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。