記事

モノがつぶやくさくらインターネットのIoT - 川手恭輔

2/2

 「モノのツィッター」のビジネスモデルの一つとして、テレメタリングで収集し自らが使用するデータを再販するというパターンが考えられる。このパターンではIoT事業者にはリスクがない。「さくらのIoT Platform」を利用することによって、新規にテレメタリングを始めることも非常に容易になる。「さくらのIoT Platform」を利用して、初めからデータの収集と販売をビジネスにしようとするスタートアップも現れるに違いない。

 すでにテレメタリングのデバイスとシステムを持っている事業者が「さくらのIoT Platform」のマーケットにデータを提供できるようにすることや、データの利用者が利用価値を理解できるようにデータを商品化することが必要になる。別の種類のモノのつぶやきを同じタイムラインに蓄積したり、別の IoT事業者のモノのつぶやきを同じタイムラインに並べたりすることもデータの商品化の作業になる。

【ビジネスモデル】
期待度 ☆☆
達成度 ☆☆

広義のIoTというビジョン

 さくらインターネットは「IoTにはインダストリー4.0に代表される効率化を軸にした工場領域(狭義IoT)と、生活者に新たな価値を産むプロダクトのサービス領域(広義IoT)があるが、コンシューマに直接的に新たな価値や体験を産み出す(広義IoTの)分野に注力したい」としている。

画像を見る
狭義と広義のIoT(説明会資料)
拡大画像表示

 新しいアイデアやテクノロジーが生まれた時、メディアの過剰なあおりなどによって市場の期待が急激に高まることがある。しかし、その新しいアイデアやテクノロジーの未成熟さから、なかなか実際の製品やサービスとして実現されないと、その期待が一気に幻滅に変わる。そして、そのなかから成熟したものが生き残り、実際の製品やサービスとして市場に提供されていく。それはハイプ・サイクルと呼ばれている。

 現在、テクノロジーの世界ではIoTとビッグデータが次のイノベーションを生み出すトレンドとして注目を集めており、この2つはまとめて論じられることが多い。

1. IoTデバイスから大量の情報を自動的に収集する
2. そのビッグデータを分析し業務的に使用する
3. 生活者の利便性を向上する新ビジネスを開発する

 という考え方の「順序」が、特にマーケティング業界の過度な期待をあおっている。さらにコンサルタントやITベンダーも同様のシナリオでクライアント企業に関連システムの導入を迫る。

 このような面をみると、IoTとビッグデータの組み合わせはハイプ・サイクルの頂点にあるようだ。IoTによってビックデータが収集できれば、何か(よくわからないけど)きっと素晴らしいことができるという。そこには、その情報で顧客にあった何か(既存の商品やサービス)を提案できれば、きっと顧客も嬉しいに違いないというマーケティング業界の思い込みがあるように思う。

 「さくらのIoT Platform」が「コンシューマに直接的に新たな価値や体験を産み出す」ことを目指すならば、最終的に新しい価値や体験をデザインするデータの利用者と一緒に、どのようなデータをどう活かして新たな体験をデザインしていくのかということを考えていく取り組みが必要だろう。ツィッターで人々が何をつぶやくかは予測できないが、モノがつぶやくことはあらかじめ決められている。ニーズ側の視点でデータ自体をデザインしておかないと、タイムラインに利用価値のないつぶやきが溢れてしまいかねない。

【データのデザインについて】
期待度 ☆☆☆
達成度 ☆

あわせて読みたい

「IoT(モノのインターネット)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    官僚の働き方 仕事の質改善が先

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。