記事

「IT王者」個人資産10兆円ビル・ゲイツの「先見性」と「意志力」 - 彼らが大金持ちになるには「理由」があった【1】

作家 城島明彦=文 佐久間奏=イラストレーション

2015年の「世界長者番付」の「トップ10」の顔ぶれは、前年とほぼ同じだった。特に「トップ3」は、「ITの王者」マイクロソフトのビル・ゲイツ、「メキシコの通信王」テルフォノスのカルロス・スリム、「投資の神様」の異名を取るウォーレン・バフェットが鎬を削っている。

資産10兆円に手が届く世界No.1の実力

個人資産792億ドル(9兆5000億円)!

ビル・ゲイツは、空前絶後の“ビリオネア・オブ・ビリオネアズ”(兆億長者のなかの兆億長者)である。「10億ドル以上の資産家」であるビリオネアは、2015年3月現在、世界に1826人(前年は1645人)おり、その頂点に君臨するのが「マイクロソフト」の創業者ビル・ゲイツなのである。

ビル・ゲイツが保有する資産は巨額すぎて実感がない。そこで、企業の売上高と比較してみると、日立製作所の連結売上高と同じくらいである。30万人を超える世界中の日立の従業員が、日夜、汗水流して稼いだ総額を、ビル・ゲイツは、たった一人で稼ぎ出すのだ。

彼は、前年11月に15億ドルもの金を自身の財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)に寄付している。それでいて、前年より2兆円も資産を増やしているのだから言葉を失う。ありあまる金があることを「腐るほどある」とか「金が唸っている」などというが、この喩えはビル・ゲイツを端的に表現するためにあるのではないかとさえ思えてくる。

世界一の大富豪の生活は、どうなっているのか。

ビル・ゲイツは、IT系長者の例に漏れず、服装には金をかけないが、ストレス発散には金をかける。糸目をつけないというべきかもしれない。一例を紹介しよう。

ビル・ゲイツは、2014年8月、妻子4人とバカンスに出かけた。行き先はイタリアのリゾート地サルデーニャ島。そのそばの海に浮かべた豪華クルーザー「シリーン」に宿泊、島へはヘリで移動してテニスなどを楽しんだ。

シリーン号は全長約137m。船室は12あって建造費は約330億円(3億3000万ドル)。1週間のリース料は5億円。家族以外に52人のクルーが同伴しており、総費用は51億円だった。

時代の流れを読む「先見性」と強固な「意志力」

ビル・ゲイツの凄さは、世界富豪No.1を定位置にしているところだ。1995年から2007年までの13年間トップの座をキープした。2008年は前年より20億ドルも増やしたが、“株の神様”ウォーレン・バフェットが40億ドルも多く稼いでトップに躍り出、“メキシコの通信王”カルロス・スリムも11億ドル増やして2位に浮上したため、3位に陥落してしまった。だが、翌2009年には首位を奪還した。前年秋のリーマン・ショックで景気が低迷した影響を受け、前年比180億ドル減の400億ドルに減らしはしたものの、他の富豪がもっと減らしたからだ。

画像を見る
『「世界の大富豪」成功の法則』(城島明彦著・プレジデント社)

しかし、返り咲いた首位の座は、その1年で終った。明くる2010年から2013年までの4年間は、勢いに乗る“メキシコの通信王”カルロス・スリムの後塵を拝することになったのだ。とはいえ、その間のビル・ゲイツの資産額の推移は、530億ドル、560億ドル、610億ドル、670億ドルと4年間ずっと増やし続けた。

長者番付に限らず、スポーツの順位であれ、成績であれ、一度、トップの座から滑り落ちると再び返り咲くのは難しいものだが、ビル・ゲイツは2014年には1位を奪還し、2015年もキープした。そこが、“並みの大富豪”と異なる点だ。つまり、1995年から2015年までの21年間でトップでなかったのは、たった5年だけ。空前絶後の“ビリオネア・オブ・ビリオネアズ”というしかないのだ。

ビル・ゲイツが変えたのは、世界の大富豪史だけではない。ITの歴史も塗り替えた。

ビル・ゲイツが米経済誌「フォーブス」恒例の「世界長者番付」のトップに初めて躍り出たのは、1995年。画期的なOS(オペレーション・システム)として世界的に大ヒットした「ウィンドウズ95」を発売した年である。ビル・ゲイツは、「ウィンドウズ95」の需要を喚起するために、金を惜しみなく使って一気に勝負に出た。販促キャンペーンにローリング・ストーンズを起用、「ロンドン・タイムズ」紙に広告特集を掲載し、それを配布するなどしたのである。

その効果は抜群で、シアトル郊外にあるマイクロソフトで開いた製品発表会には500人を超す記者が詰めかけた。

少年時代、一介の“パソコンおたく”に過ぎなかったビル・ゲイツが、「時代の覇者」となれた秘訣は何か? 手短にいうと、それは、時代の流れを読む並外れた「先見性」と強固な「意志力」である。先見した夢を現実のものにしていく不屈の意志力。その2つの才能で、ビル・ゲイツは世界ナンバーワンの巨富を築き上げたのだ。

※日本円の数字は、発表された時点での為替レートで計算している。
※本記事は書籍『「世界の大富豪」成功の法則』からの抜粋です。

『「世界の大富豪」成功の法則』(プレジデント社)
リンク先を見る

[著] 城島 明彦  

世界の大富豪に君臨するITの王者ビル・ゲイツ、メキシコの通信王カルロス・スリム、投資の神様ウォーレン・バフェットは言うに及ばず、伝説の大富豪、ロイヤルファミリー、IT成金たちの先見性、直感力、決断力、独創性……、その「成功の方程式」を明らかにする。

  • リンク先を見る
  • リンク先を見る
  • あわせて読みたい

    「ビル・ゲイツ」の記事一覧へ

    トピックス

    1. 一覧を見る

    ランキング

    1. 1

      中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

      中村ゆきつぐ

      08月04日 08:26

    2. 2

      強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

      渡邉裕二

      08月04日 08:04

    3. 3

      患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

      橋下徹

      08月04日 12:14

    4. 4

      コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

      猪野 亨

      08月04日 08:35

    5. 5

      東京都心に住むコストをケチってはいけない

      内藤忍

      08月04日 11:37

    6. 6

      菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

      猪野 亨

      08月04日 14:17

    7. 7

      北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

      田中龍作

      08月03日 19:41

    8. 8

      二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

      女性自身

      08月04日 09:50

    9. 9

      有害な言論はどこまで警戒すべきか?

      元官庁エコノミスト

      08月04日 15:07

    10. 10

      「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

      松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

      08月04日 08:36

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。