記事

与野党6党の国対委員長が会談 「与党は猛省を」髙木国対委員長

 

民主党は17日昼、国対役員理事合同会議を開き、今後の国会運営について協議した。その後、与野党6党(民主・維新、自民、公明、共産、おおさか)の国対委員長が会談し、与党対して強引な国会運営を改めるよう申し入れた。

 衆院では、午前中の財務金融委員会が与野党の合意のないままに委員長の職権によって委員会開会が決められるという事態が起こった。これについて髙木委員長は、「不正常な状況だ。まさに与党のおごり・たかぶりの表れだ」「特例公債特例法にしても軽減税率にしても大変大きな課題がある。昨年の与党税調があんなに時間をかけた課題だ。ましてや国会の議論はそれ以上の時間をかけて議論しなければならない。与党に猛省を促したい」と厳しく語った。

 こうした与党の強引な委員会運営を受けて、同日午後、与野党6党の国対委員長らが国会内で会談した。会談終了後、髙木国対委員長は記者団の取材に応じ、会談の冒頭で自民党の佐藤国対委員長から財務金融委員会が与野党の合意がないまま開会されたことについて陳謝する発言があり、今後は与野党の合意を踏まえて丁寧な審議を行っていくとの意向が示されたことを明らかにした。髙木国対委員長は、特例公債法案と軽減税率を含む税制改正案は2つとも重要広範議案であることから安倍総理の委員会出席も含めて重要広範議案にふさわしい審議とするよう強く求め、与党側からは総理の出席を含め前向きに検討する旨の発言が示された。また、与党側が2つの法案を束ねて審議しろと求めてきたこと自体がおかしいとの認識を示すとともに、「1つの法案で最低でも20時間審議する」というのが国会のルールだから、2つ一緒にやったとしても40時間必要との見解を語った。



与野党6党の国対委員長らが国会内で会談した

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  3. 3

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  4. 4

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  5. 5

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  7. 7

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  9. 9

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  10. 10

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。