記事

読売の世論調査の数字がちょっと高すぎるようだ

何故安倍内閣の支持率が今の状況下で5割を超えるのだろうか、と不思議でならない。

読売の今回の世論調査の結果は、どうも高過ぎるから、この数字をもとに選挙戦略を練るのは止めておいた方がいいだろう。
民主党の支持率が相変わらず低迷しているのは、私の実感でもそのとおりなのだが、それでも私は安倍内閣の前途に赤信号が点滅し始めたな、と思っている。

経済産業大臣を先日辞任した甘利氏が、睡眠障害で1か月間の自宅療養が必要な状況に陥っている、ということが、今日、明らかになった。
また、件の育休宣言議員の辞職は、今日の衆議院本会議で承認されるようだ。

安倍内閣が変調を来し始めたことは明らかである。
URへの甘利事務所の口利き疑惑はどうも簡単には収まりそうにない。
とても1ヶ月や2ヶ月では片が付かず、最低でも政治倫理審査会での弁明は必要になりそうである。

件の育休宣言議員の問題も議員辞職ぐらいではとても収まらないような拡がりを見せ始めている。

先行きがパッと明るくなるような材料がどうもなさそうだから、自民党安倍内閣にとっては当分棘の道が続く、ということを覚悟しておいた方がよさそうだ。
目障りになりそうな人を切ったり、ほどほどに表面を塗りたくってのお化粧ぐらいではとても済みそうにない。
何か思い切った手術が必要になった感じだが、何をやっても大した効果はなさそうだ、と言わざるを得ない。

なんで安倍内閣の現在の支持率がこんなに高く出るのだろうか、と不思議でならない。
読売の世論調査の手法に問題があるのか、それとも世論調査のアンケートに答えた人たちがよっぽど鈍感だったのか分からないが、今回の読売の世論調査の結果は当てにされないことだ。

いずれ、ドカンと支持率が落ちる時が来る。
甘利氏の場合は、検察が動く時だろうし、件の育休宣言の議員の場合は週刊誌や夕刊紙、スポーツ紙が次々に新たな記事を書き始めた時だろう。

予算の審議は粛々と進むだろうが、予算が成立する頃までには各政党の支持率はかなり変わってきているはずだ。

ひょっとしたら、一寸先は闇、を実証することになるのかも知れない。

あわせて読みたい

「内閣支持率」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。