記事

疑惑追及チームが甘利氏秘書の金額交渉関与示す音声を公開

 民主党は15日夕方、「安倍内閣口利き疑惑追及チーム」の会合を国会内で開き、甘利前大臣をめぐる問題で、UR(独立行政法人都市再生機構)と千葉県の建設会社との補償交渉に関連して、甘利事務所の前秘書と建設会社の担当者が面会した際の音声データと録音からの文字起こしをメディアに公開した。

 同日の衆院予算委員会の集中審議で、玉木雄一郎衆院議員が質疑の中で明らかにしたもの。この音声データは昨年11月2日に建設会社の交渉担当者だった一色氏によって録音されたもので、甘利事務所の清島前秘書と一色氏が神奈川県の大和市内の飲食店で交わした会話が記録されている。

 チームの会合で座長の大西健介衆院議員は「これまでも予算委員会の質疑の中で、甘利事務所の秘書がURに対して『事務所の顔を立ててくれ』とか『色をつけてくれ』と発言したことなどが明らかになっている。また井坂信彦議員(維新)の質問によって、反対にUR側から甘利事務所へ具体的な金額を漏えいしたこともURは認めた。これはURから見ても、甘利事務所と一色氏が一体となって補償交渉していたと見ていた証左ではないか。一連の事実から甘利事務所が補償交渉に深く関与していたことは明らかで、まさに口利き、あっせんそのものであるとわれわれは思っている。今回明らかになった甘利事務所側からの『20億円という金額を提示したらどうか』という提案は、先月28日にあった甘利前大臣の記者会見で『甘利事務所は金額交渉には関与していない』と明確に述べられたことが嘘だったことを明確に示すものだ」と、これまでの経緯と問題点を改めて説明した。

 このあと、会合で音声データの一部が再生され、清島前秘書と面識のあるURの担当者も「清島氏の声だと思う」と証言した。

 玉木議員も「甘利大臣は秘書は金額交渉に関与したことはないと言っていたがそれを明白に覆す内容だ」と指摘。

 大串博志議員からは、この日の衆院予算委員会後に開かれている理事懇談会の中で証人喚問を要求したところ、「自民党側から捜査に支障が出ると甘利氏側の弁護士が反対しているとの理由で応じられないとの回答があった」との報告があった。

 会合ではこの音声データを裏付けるやりとりが実際にあったかどうかなどについて出席したURの担当者との間で意見が交わされた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「甘利明」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。