記事

原油先物は前週の上げ継続、OPEC協調減産への期待根強く

[ロンドン 15日 ロイター] - 15日の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)が協調減産で合意するとの期待から上昇した先週の流れが継続している。

1428GMT(日本時間午後23時28分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.21ドル高の1バレル=33.57ドル。米原油先物<CLc1>は0.24ドル高の29.68ドルで推移している。ただ米国がプレジデンツデーの祝日のため、商いは低調なもよう。

ナイジェリアのカチク石油資源相はロイターに対し、世界的な原油相場安について、どのように歯止めをかけるべきなのか決断すべきとのコンセンサスがOPEC内部で形成されつつある、との認識を示した。

インタファクス通信がロシアのOPEC担当当局者の話として報じたところによると、ロシアは協調減産の可能性についてベネズエラを中心にOPEC加盟国と個別に話し合っているが、OPEC自体とは協議していない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。