記事

災害から復興段階へ インターネットはどう使われるか

ネットへのアクセス、震災経て増加傾向



未曾有の大災害から2週間以上経過した。被災地域を中心に、インフラ・ライフラインをはじめ、ありとあらゆる領域においてまだまだ課題を多く抱えているが、インターネットやソーシャルメディアの領域においては、厳しい状況の中においても、復興に向けた兆候が少しずつではあるが現れていると思う。

筆者のヒアリングによると、3月21日の週のインターネットの動きは震災前の3月6日の週と比べて、概ね伸びているという。被災地からのアクセスも、筆者の予想に反して、ほぼ震災前の水準に復帰あるいはそれ以上に伸びているようだ。

唯一、停滞しているのがブログメディア。これはアクセスの多いタレントや著名人を中心に、被災者への配慮や番組編成の変更などに伴い発言が減っていることに起因するものだろう。ただし、その中でも実際に被災した芸能人や、繰り返し流されるAC広告の出演者などのブログへのアクセスは急増しているようである。

復興に向けて「笑顔になれるコンテンツ」が重要に



インターネットは、一部の広告などを除きテレビや交通広告のように自粛している度合いが少ない。それは、消費者が自らアクセスしに行くため、意図しないコンテンツを目にする可能性が少ないからである。特に音声に関しては、インターネットでは希望者だけが聞くような仕組みが普及しているので、繰り返し同じものを耳にするようなことは無いといっていい。また、店頭で売り切れが続出している飲料や家電もインターネットでの販売が大幅に伸びている。宅配配送網が復旧するにつれて、全国の在庫を活用でき、時間や場所にとらわれないネット通販のメリットも大きくなってくるだろう。

このように全般的に伸びているインターネットの中でも特につぶやき系の「アメーバなう」や「mixi(ミクシィ)ボイス」は大きな伸びを示しているようである。これは、実際の友人関係すなわち「ソーシャルグラフ」を活用したコミュニケーションであるとともに、メールほど直接に相手の時間を拘束しないという点が挙げられるようだ。また比較的震災の影響が少なかった地区でも、交通事情が不安定だったり計画停電などがあると外出を控えるなど、それもインターネットの利用を促している要素なのではなかろうか。

そして筆者が強く感じるのが、震災前の日常や希望、笑顔になるようなコンテンツに対する需要である。報道も暗いニュースが多く、繰り返し同じ内容が流れるため特に小さい子供への影響が懸念されるが、情報の内容を主体的に取捨選択できるインターネットは特にこの面で貢献できる可能性が大きいと考えている。

江端浩人「i(アイ)トレンド」バックナンバー

江端 浩人(日本コカ・コーラ インターラクティブマーケティング統括部長)

日本コカ・コーラが運営する会員制サイト「コカ・コーラ パーク」を会員数約900万人、月間PV約5億を誇る巨大メディアに成長させた。2009年9月から、缶コーヒー「ジョージア」のIMCリーダーを兼務する。
米ニューヨーク・マンハッタン生まれ。伊藤忠商事の宇宙・情報部門、ITベンチャーの創業を得て、2005年から現職。米スタンフォード大学経営大学院修了、経営学修士(MBA)取得。日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が主催する「Webクリエーション・アウォード」で、2010年度の最高賞「Web人大賞」を受賞。
個人ブログ : 江端浩人のiMarketer's Eye
個人Twitter: @hirotoebata
個人Facebook: hirotoebata

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。