記事

立候補のハードルを下げることには賛成するが、候補者の質を下げることには反対

言わずもがなのことだが、選挙制度を立候補しやすい制度に変えるために立候補のハードルを下げることには賛成するが、候補者の質がどんどん下がる一方なのは勘弁してもらいたい。

本当に公職の候補者としての資質があるのか否かについては、やはり公認権を持っている方々の方でしっかり選別していただかないと困る。

欠陥商品を並べ立てて、さあ、この中から選んでください、などと言われても、まず選べない。
いい候補者を選ぶ責任はやはり候補者の公認権を持っている政党の方にある。
選ばれた人が悪いのは、そういう人を候補者に選んだ人の責任である。

人を見る目がない、ということだ。

まあ、対象となる人たちすべての資質が劣化しているということであれば仕方がないが、そこまでは悪くないはずだ。
公認候補決定のプロセスをしっかり見直した方がいい。

出たい人よりも出したい人。
それが、基本である。

今の公募制度では、なかなか本当の人材は獲得できない。
プロ野球でも大相撲でも、いい人材を集めるのに公募などはしない。
いい人材を求めて全国を歩き回っている人たちがどこにでもいるはずだ。

残念ながら、政治の世界ではまだそういう仕組みは出来ていないようである。
今の公募制度では、なかなかこれぞという人材は集められない。
やはり、他薦の仕組みを整える必要がありそうだ。

自分から手を上げられないような消極的な人では選挙は戦えない、などと冷たいことは言わない方がいい。

いい人材をスカウトして、その気にさせるような仕組みを考え出すべし。
与野党を問わず、皆さんにお願いしておきたい。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。